「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

湘南ベルマーレの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by anekoho/Shutterstock.com

中田英寿が在籍していたベルマーレのサポーターの皆さんへ。
ヒデはつけなかった番号だが、ヒデと同じくらい物語がある背番号10を振り返りたいと思わないだろうか。
これから、ベルマーレの歴代背番号10を紹介する。

ベルマーレ平塚時代の背番号10といえば

湘南ベルマーレではなく、ベルマーレ平塚だった頃。1997年?98年の2年間、背番号10を背負ったのは、呂比須ワグナーだ。
ブラジル出身の彼は、1997年にベルマーレに移籍し、同年9月に日本国籍を取得して漢字名にした。同時に日本代表にも選ばれ、ワールドカップでも活躍するほどの選手だった。ベルマーレでは在籍した2年間ともチーム内得点王に輝き、その能力の高さを示し、後にグランパスへ移籍してしまう。
能力もさることながら、日本人になりたいと強く願って活躍してきた彼の姿は、今もベルマーレファンの心に残っている。

え?サッカー選手だったの?という人もいるかもしれない

テレビを見ている最近の若い人たちには、この人がJリーガーだったことを信じてもらえないかもしれない。2000年にベルマーレに移籍して背番号10を背負っていた前園真聖。
海外でのプレーを目指してブラジルやポルトガルなどに行ったが、目立った活躍が出来ないまま、当時の監督・加藤久に乞われてベルマーレに移籍し、1年だけプレーした。J2に降格してしまい、J1へ再昇格する切り札として期待され11得点をあげるが、チームは8位。チームに好結果をもたらすことはできなかったのだが、そのプレーは間違いなく名選手の一人だった。

おすすめの記事