「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの10番を背負ってきた名選手4人

2016 8/13 15:01
豊田スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

J1優勝も果たしたこともある名古屋グランパス。Jリーグ創設期から様々な有名選手がプレーしてきたチームだ。ここでは、名古屋グランパスエイトのエースとして10番を背負ってきた名選手を4人紹介する。

日本サッカー界に数々の伝説を残した妖精ストイコビッチ

数々のスーパープレーで名古屋グランパスエイトファンはもちろん、サッカーファンを魅了したストイコビッチ。
“ピクシー(妖精)”の愛称で親しまれた彼は、日本サッカー界に数々の伝説を残してきた。特に、大雨が降りしきる試合中、リフティングをしながらボールを前線に運ぶトリッキーなプレーは、1995年のシーンにもかかわらず今でも語り継がれているほどだ。
2008年から2013年の間、名古屋グランパスエイトの監督も務めた。

Jリーグ通算124得点を記録した最強の外国人助っ人ウェズレイ選手

ストイコビッチの後を受け継いで名古屋グランパスエイトの10番を背負ったのは、ブラジル出身のウェズレイ選手。
名古屋グランパスエイト、サンフレッチェ広島、大分トリニータの計3クラブに所属し、Jリーグ通算124得点を記録しており、2016年5月18日現在のJリーグ通算得点ランキングで、“カズ”こと三浦知良選手に次いで堂々の7位に、外国人選手の中ではマルキーニョス選手に次いで2位にランクインしている。
度重なる負傷とブラジルにいる家族を理由に、2009年に電撃引退を発表している。

おすすめの記事