「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜F・マリノスの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
日産スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ元年から存在感あるビッグクラブとして君臨してきている横浜Fマリノス。どんな選手が背番号10を背負ってきたのか、その選手たちを紹介する。

マリノスの歴史はココから始まった 木村和司

Jリーグが始まった時、背番号10を付けていたのは木村和司選手だった。小さな身体ながら存在感は大きく、日本サッカー界を背負ってきた選手だった。 フリーキックの名手でもあり、日本代表としてもたくさんのスーパーゴールを生んできたゲームメーカー。憧れる選手たちも多く、「ワシ」と自分のことを呼ぶことでも有名だった。
当時はまだ背番号が固定ではなかったのだが、マリノスの背番号10といえば木村和司という時代だった。 ヴェルディ川崎の10番ラモス瑠偉選手とは、良きライバル関係にあった。

天才現る!THEマリノスの10番 中村俊輔

横浜マリノス時代を含めて、横浜F・マリノスの10番といえばこの人、中村俊輔選手だ。 一度海外移籍でチームを離れていた時期もあったが、若き頃から横浜Fマリノスの背番号10を背負いチームの顔である選手だ。
日本代表の背番号10も背負い、多くのサッカーファンの中では背番号10番といえば中村俊輔というほどに「10」が似合う選手だ。 ファンタジスタと称されることも多く、日本サッカーが生んだ天才とも言われている。

6シーズンもの間背番号10番を背負った 山瀬功治

コンサドーレ札幌、浦和レッズと渡り、横浜F・マリノスへと移籍加入し、背番号10を背負った。 札幌時代の恩師であった岡田武史監督が、横浜F・マリノスの監督として獲得したい選手として動き、移籍が実現した。
札幌そして浦和と大きな怪我を経験したが、それによる衰えを感じさせず、むしろ現役最高のプレーを魅せていた頃だと思う。 中学生の頃ブラジルに留学しテクニックを身に付けただけあり、独特のドリブルと飛び出しが得意で、日本代表にも選出された。

おすすめの記事