「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年】Jリーグで今見ておくべき注目選手5名

2017 6/28 18:44Aki
soccer
このエントリーをはてなブックマークに追加

左足のコンダクター 天野純選手/横浜F・マリノス

横浜F・マリノスで注目の選手といえば、2017シーズンから背番号10を背負うドリブラー齋藤学選手の名前をあげる方が多いだろうが、「是非、今見ておくべき」という点で絞ると、天野純選手を推す。
フォーメーションでは、4-2-3-1と紹介される横浜F・マリノス。天野選手が入っているのは左のボランチ。しかし横浜FMがボールを持って攻撃する時には、右のボランチに入る選手が少し下がってアンカーになり、左のボランチが前に出てトップ下の選手と横並びのポジションをとり、中盤を逆三角形にした4-3-3に変化するので、攻撃をしている時の天野選手のポジションは、左のインサイドハーフという事になる。

  このポジションで天野選手が行っているのは、ゲームメイク。横浜FMは、中盤の形を変える事で相手の守備の的を絞りにくくしているのだが、天野選手はそこからさらにボールを受けに下がったり、また時には前に飛び出したりする事で相手の守備を混乱させる。
天野選手のこの動きやボールを受ける事で最も恩恵を受けているのは、前線の左サイドで大きく開いたポジションをとる齋藤選手。天野選手のゲームコントロールによっ、斎藤選手がドリブルで仕掛けやすい状況を作っている。
そして相手が斎藤選手のドリブルを恐れて人数をかけてきた時には、右サイドで開くマルティノス選手へのサイドチェンジが繰り出される。 さらに注目なのが、左足のプレースキック。昨シーズンまでは、チームメイトであり憧れの存在だった中村俊輔選手そっくりのフォームから正確なボールが繰り出される。

高精度の右足を持つ 三浦弦太選手/ガンバ大阪

2017シーズンから3バックを採用しているガンバ大阪。3-1-4-2のフォーメーションのキーマンとなっているのは、背番号2をつけて3バックの右に入る三浦弦太選手だ。
三浦選手は、今シーズン清水エスパルスから移籍してきた新加入選手。昨シーズンの清水エスパルスでは、シーズン序盤はセンターバックとしてプレーしていたが、シーズン終盤からは右サイドバックにコンバートされた。 三浦選手の特徴は、センターバックとしてもプレーできる高さがありながらも、サイドバックとしてもプレーできる走力と高精度のキックを持っている事。

2016シーズン終盤の清水エスパルスでは、この高さがある三浦選手がサイドバックに入ることで相手のサイドアタックをことごとく跳ね返し、またサイドバックとなってからはその右足で2アシストを記録している。
そしてこの特徴をより活かしたのが、2017シーズンからガンバ大阪で務めている3バックの右ポジション。ここは守備の時はセンターバックとして、攻撃の時はサイドバックとしてプレーできるポジションで、守備の時には相手の攻撃を跳ね返し、攻撃の時にはそのキックの精度を活かしている。
注目のプレーは、右サイドの深い位置から逆サイドの高い位置にポジションをとる選手にむけて出される対角の長いパス。このロングパスで、攻撃を一気に加速させる。

おすすめの記事