「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

二刀流でチームを牽引するセレッソ大阪、山村和也

2017 6/28 18:44Aki
soccer pink
このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズン序盤に快進撃を見せているセレッソ大阪

2016シーズンのJ1昇格プレーオフでなんとか3年ぶりのJ1昇格を果たしたセレッソ大阪が、2017年明治安田生命J1リーグのシーズン序盤、快進撃を見せている。
第2節の浦和レッズ戦こそ、昨シーズンのJ1最多勝ち点チームと昇格チームという差を見せつけられる結果となったが、サガン鳥栖、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズに3連勝。第7節の大阪ダービーガンバ大阪戦もアディショナルタイムに追いつかれ引き分けとなったが、内容的には昨シーズン4位のライバル、ガンバ大阪を圧倒。その充実ぶりを表す試合となった。
セレッソ大阪は予算規模的にも戦力的にも本来J1クラスのチームだから不思議では無いとも言えるが、2016シーズンの順位でいうとセレッソ大阪がJ1の中で最下位だった。これまでプレーオフ昇格チームは1度もJ1残留を達成した事がないので、予想以上の快進撃と言っても良いだろう。

そしてそのチームを引っ張っているのは、柿谷曜一朗選手や杉本健勇選手でもなく、また鳴り物入りでJリーグ復帰を果たした清武弘嗣選手でもなく、ある種伏兵ともいえる山村和也選手。
セレッソ大阪の快進撃は、その山村選手がフォワードとして起用された事からはじまった。

ロンドンオリンピック日本代表の中心選手

山村和也選手と言えばロンドンオリンピック代表チームのキャプテンとしてのイメージが強いかもしれない。
国見高校3年生の時にU-18日本代表に選出されると、その後は年代別代表チームの常連となり、流通経済大学2年時の2010年には大学生としては18年ぶりのA代表に選出。当時福岡大学で現在FC東京に所属する永井謙佑選手とともに、大学サッカーで最注目のタレントとなる。

2010年南アフリカワールドカップのサポートメンバーとして日本代表に帯同すると、本格的に立ち上げられた2012年ロンドンオリンピックを目指すU-21日本代表メンバーに選出され、キャプテンにも任命。広州で行われたアジア大会に参加する。
このアジア大会はJリーグのシーズン中に行われた為、Jリーグの選手はチームでの出場機会に恵まれていない選手がほとんどだったが、グループステージ初戦で開催国中国に圧勝するとそのまま全勝優勝を達成。そして清武弘嗣選手や東慶悟選手などJリーグで活躍する選手も合流したオリンピック予選でも、引き続き主将としてチームをひっぱり本大会出場を決めた。
大学卒業後の2012年にはオファーを受けた9クラブの中から鹿島アントラーズ加入を決断。大卒1年目にもかかわらず背番号4番を背負った。また代表チームでのプレー時間からいきなりA契約、本人の希望で契約期間は3年となっているが、将来の海外移籍も視野にいれた大型契約として話題を集めた。

おすすめの記事