「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高卒新人ながらもチームの主力となったアルビレックス新潟、原輝綺

2017 6/28 18:44Aki
orange stadium
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 4Max

クラブ史上初の高卒新人開幕スタメン

Jリーグでは新シーズンのチーム編成が決まるのが1月頃。これが決まると様々なメディアで予想スタメンが発表される事になる。アルビレックス新潟が2月25日に迎えたサンフレッチェ広島との開幕戦には、このチーム編成が決まった直後の段階ではどのメディアも予想できなかった選手がスターティングメンバーに名前を連ねた。

その選手とは原輝綺選手。この3月に市立船橋高校を卒業する高卒ルーキーだ。
高卒ルーキーのJ1開幕戦先発出場は2015年のベガルタ仙台、茂木駿佑選手以来で、アルビレックス新潟としてはクラブ史上初だ。 かつては横浜マリノス(当時)の松田直樹選手、横浜フリューゲルスの遠藤保仁選手、浦和レッズの小野伸二選手、名古屋グランパスの本田圭佑選手、鹿島アントラーズの内田篤人選手など後に日本代表の主力となった選手が揃っている。また近年ではセレッソ大阪の南野拓実選手などすでに海外クラブに移籍をした選手がほとんどだ。

原選手は、開幕戦から第7節まで全ての試合でスタメン出場を果たしている。またさらに第6節からは開幕戦でプレーしたボランチではなく、左サイドバックへとポジションを変えての先発を続けているという驚きの状態だ。
アルビレックス新潟は開幕からなかなか白星を挙げる事ができず苦しんでいたが、初勝利を挙げた第7節はその原選手のゴールが決勝点だった。

高校2年生までは全国的に無名だった原選手

久々の高卒新人のJ1開幕戦スタメンとなった原選手は、高校サッカーの名門市立船橋高校出身である。 2016年の9月にアルビレックス新潟への加入を発表していたので、2016年の高校サッカー選手権ではプロに加入が決まっている選手として紹介されており、またU-19日本代表の常連でもあった。

そんな原選手だが、高校2年生までは全国的には無名の選手だった。
市立船橋高校といえば、J2の湘南ベルマーレに加入し同じく開幕スタメンを勝ち取った杉岡大暉選手が1年生からすでに将来を嘱望されている存在として知られていたが、原選手を追いかけているスカウトは誰もいなかった。

しかし2人が高校2年生の夏に行われたインターハイでその状況は大きく変わる。
このインターハイで市立船橋高校は快進撃をみせ、決勝に進出を達成する。決勝はPK戦の末敗れ準優勝に終わるが、大会を通じ市立船橋高校の試合内容は素晴らしいものだった。
そしてこの大会で一躍評価を高めたのが、ボランチとしてプレーしていた原選手。 杉岡選手も最終ラインで素晴らしいプレーを見せていたのだが、それ以上に中盤でボールを奪い、攻撃につなげていく原選手のプレーは誰もが驚く新たな発見だった。

おすすめの記事