「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

帰ってきた甲府の至宝、ヴァンフォーレ甲府 堀米勇輝

2017 6/28 18:44Aki
soccer blue red
このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府の至宝

堀米勇輝選手はヴァンフォーレ甲府にとって特別な選手の1人だ。そして今後はさらにクラブを象徴する大きな存在へとなり得る大切な選手だ。 というのも、堀米選手は地元山梨県甲府市出身で、中学生のときよりヴァンフォーレ甲府U-15でプレーしてきた下部組織出身の選手だからだ。
さらに2007年にU-15日本代表に選出されて以来、宇佐美貴史選手や杉本健勇選手、柴崎岳選手らのプラチナ世代と呼ばれた年代別代表で主力選手であり続け、2009年のFIFAU-17ワールドカップナイジェリア大会でも全試合に先発出場と、この世代を代表する選手の1人だったからだ。

今でこそヴァンフォーレ甲府の下部組織に所属する選手にも注目が集まるようになったが、当時は世代別代表に選ばれる選手もほとんどいない頃だった。
高校卒業を待たずにトップチームとプロ契約した堀米選手は、まさにヴァンフォーレ甲府にとって初めてと言って良いほどの、下部組織出身で将来を有望視される選手だったのだ。 そんな堀米選手が京都サンガでの1年を経て2017シーズン再びヴァンフォーレ甲府に復帰することになった。 吉田達磨監督の下でポジションを確保し、甲府サポーターの誰もが待ち望んだ堀米選手がトップチームで躍動する素晴らしいプレー姿を見ることができている。

徐々に出場機会を減らす事に

甲府の至宝としてサポーターの期待を大きく集めた堀米選手は、プロ2年目の2011年にはJ1での開幕戦に途中出場しプロデビューを果たしている。そして、J2で戦う事となった2012年には開幕スタメンを掴む。シーズン序盤は現サンフレッチェ広島の柏好文選手と堀米選手は大卒選手と下部組織出身という違いはあるものの、ドリブル突破を得意とするアタッカーとして大きな期待を集める存在だった。

だが、2012年の途中から出場機会を減らすこととなる。
そうなった要因は、当時ヴァンフォーレ甲府の監督だった城福浩氏が守備的な戦術を採用し始めた事だった。2012年に城福氏が甲府の監督に就任した当初は、FC東京監督時代にも提唱した攻撃的なサッカーを志向しており、アタッカーだった堀米選手も出場機会を掴んでいた。

しかしチームにとって最も大切な勝ち点を積み上げる事ができない状態が続き、城福監督は堅守速攻を中心とした現実路線に方向転換する。 この方向転換に大卒3年目の柏選手は見事に対応してみせた。柏選手はウィングバックという新しいポジションを自分のものとするが、まだ10代で線の細い堀米選手はフィジカル的な要素が求められる戦い方にフィットできず、出場機会を大きく減らす事となったのだ。
2012年シーズンは途中で変えた堅守速攻のスタイルがクラブにフィットし、逆転優勝を達成。ヴァンフォーレ甲府はJ1に昇格する。 結果、2013年以降もそのスタイルは継続される事となった。城福監督の戦い方はクラブにとって最も大切な事である「J1に残留し続ける事」を実現した重要な要因の1つだが、堀米選手にとっては自分の良さを発揮しにくい難しいスタイルでもあった。

おすすめの記事