「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大宮アルディージャのエースとしてステップアップする江坂任

2017 6/28 09:44Aki
soccer orange
このエントリーをはてなブックマークに追加

攻撃の2枚看板を失った大宮アルディージャ

2016年のシーズンは昇格初年度ながらもクラブ史上最高位となる5位でシーズンを終えた大宮アルディージャ。3年目となった渋谷洋樹監督がこれまで積み上げてきたものがきっちりと表れたシーズンだった。

このチームの核となったのは家長昭博選手と泉澤仁選手のアタッカー2人だった。2人共に渋谷監督就任前、2014年開幕のタイミングで加入した選手だが、加入初年度シーズン序盤はチーム自体の戦い方が全く整備されておらず、行き当たりばったりの戦い方を続けていた為にチームはもちろん彼ら2人のパフォーマンスも低調なものとなっていた。シーズンが半分以上過ぎた8月末にようやく監督を渋谷氏に交代させ、徐々にチームは整備されていくものの間に合わず、チームはJ2降格となってしまう。

だが、J2で戦うこととなった2015年は、渋谷監督によって落とし込まれた堅い守備と、バリエーション豊富な攻撃で圧倒的な強さを見せ優勝、1年でJ1復帰を果たす。 そして迎えた2016年は、この2015年の戦い方をベースに勝ち点を積み重ね最終順位5位を達成した。家長選手のキープ力と泉澤選手の突破力がチーム戦術に落とし込まれ、大きな武器となっていたからだ。

しかしこのシーズンオフに、家長選手は川崎フロンターレ、泉澤選手はガンバ大阪とそれぞれ強豪クラブへと移籍することになる。2017年のシーズンは攻撃の2枚看板をどちらも失った状態でスタートすることとなっていた。

大宮アルディージャに加入した江坂任

J1で躍進を見せた2016年、大宮アルディージャはカルリーニョス選手や渡邉大剛選手など、2015年のレギュラー格だった選手を複数放出し、何人かの新加入選手を獲得している。

しかしその獲得したメンバーは、J1での実績はなく2015年にJ2で対戦していた選手がほとんどだった。ネームバリューに乏しい選手が多かった為、2016年の開幕前は選手層を不安視する声も聞かれたが、チームは選手たちのプレーの特徴を掴んでいたため、適材適所の采配をすることができた。

そしてその中の1人が江坂任だ。2015年にザスパクサツ群馬で大卒1年目ながらもリーグ戦42試合全てに出場し、チーム内得点王、アシスト王となる活躍を見せていた。また、本来のポジションである2列目だけでなく、シーズン途中からはワントップとしても起用される試合を増やすなど、知名度は高くないものの、J2で最も注目を浴びるタレントの1人となった。

おすすめの記事