「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ジュビロ磐田の10番を背負ってきた名選手3人

2016 8/13 15:01
ヤマハスタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くの有名選手を輩出してきたジュビロ磐田だが、その中でも10番は覚えておきたい選手ばかりだ。この記事では、ジュビロ磐田で10番を背負ってきた名選手を紹介する。

10年近く10番を守り続けた藤田俊哉選手

ジュビロ磐田のミスター10番といえば藤田俊哉選手だ。1997年から2005年に名古屋グランパスエイトに移籍するまで、実に10年近く10番を背負って活躍してきた。サッカー解説者として活躍する中山雅史氏や現在のジュビロ磐田の監督を務める名波浩氏と共に、ジュビロ磐田の黄金時代を築いた一人でもある。
2003年のシーズンには、オランダのユトレヒトに移籍するなど海外経験も豊富な選手で、日本代表としても数々の名シーンを生み出してきた。2011年のジェフユナイテッド市原・千葉でのシーズンを最後に現役を引退後、サッカー指導者を目指しJFA公認S級コーチのライセンスを取得している。今後はコーチや監督として活躍する彼を見る日も近いかもしれない。

豊富なアンダー経験を誇る成岡翔選手

藤田俊哉選手からジュビロ磐田の10番を受け継いだのは、175センチ70キロのミッドフィルダー成岡翔選手。2006年から2010年に至る実に5シーズンもの間、名門ジュビロ磐田の10番を背負って活躍していた。2003年のシーズンから2011年にアビスパ福岡に移籍するまでの8年で、通算163試合に出場し、22得点を挙げている。
2013年のシーズンからアルビレックス新潟に完全移籍を果たし今年で3シーズン目を迎える。A代表歴はないものの、2000年にはアンダー16アジアユース代表、翌年の2001年にはアンダー17世界選手権代表、2002年のアンダー20アジア選手権代表、2003年のアンダー20ワールドユース代表で活躍するなど豊富なアンダー経験が特徴だ。

ドイツでも10番で活躍中の山田大記選手

山田大記選手は、2010年6月から12月まで特別指定選手としてジュビロ磐田に登録後、翌年の2011年からジュビロ磐田に正式に入団を発表。ルーキーイヤーながらもジュビロ磐田の10番を任され、1年目にして通算36試合に出場し、5得点を挙げている。そして現在は、ドイツのブンデスリーガ2部にあたるカールスルーエSCに活躍の舞台を移している。
カールスルーエSCでも、ジュビロ磐田在籍時と同じく10番を背負って活躍中だ。ブンデスリーガデビューは2014年の8月3日。その翌月の9月21日のFCニュルンベルク戦でブンデスリーガ初ゴールを記録している。なお、山田選手がカールスルーエSCに移籍してから現在に至るまで、ジュビロ磐田では10番は空き番号となっている。

まとめ

ジュビロ磐田では、1993年のJリーグ準会員時代を含め、現在に至るまで10番を背負ってきた全選手が日本人だ。
しかも3人とも地元静岡県出身の選手。外国人助っ人が10番をつけるチームが多い中、全員が日本人選手というのはうれしい。

関連記事

おすすめの記事