「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンフレッチェ広島の10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
エディオンスタジアム広島
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Taisyo

チームを応援すると、その歴史が知りたいと思うものだ。サンフレッチェ広島を応援なさっている方へ、これまでにサンフレッチェ広島で背番号10番を背負ってきた選手たちを紹介する。

サンフレッチェ広島の顔であった久保竜彦

サンフレッチェ広島で6シーズンもの間背番号10番を背負ったのが、久保竜彦選手だ。 久保竜彦選手は日本代表にも選出されるほどの選手であり、トリッキーなプレーと日本人選手とは思えないほどの身体能力の高さに注目が集まっていた。
打点も高く、存在感も大きかった。 性格はとてもおとなしく、インタビューなどではしゃべり慣れていないところでまた良さがプラスされ、人気が高くなった要因だったのかもしれない。人見知りすぎて日本代表に行きたくないと話したこともあったとか。サンフレッチェ広島が誇る選手だった。

サンフレッチェ広島史上一番得点を重ねた10番 ウェズレイ

ウェズレイ選手と聞いてまず思い浮かべるのは、名古屋グランパス時代のウェズレイ選手かもしれないが、サンフレッチェ広島にも所属していた。
10番を背負ったのは2シーズンだけだが、多くのゴールを量産し、チームに貢献した。
チームはJ2降格となってしまった苦いシーズンだったが、ウェズレイ選手のプレーはたくさんの人々の記憶に残っており、もう10年以上が経過した今でも、サンフレッチェファミリーとして試合会場に呼ばれたりしている。 それだけ愛された選手だったということだ。

次世代を期待したアカデミー出身選手 柏木陽介

サンフレッチェ広島ユース出身でトップチームの選手となった柏木陽介選手は、世代別代表にも選出され、代表でも司令塔となるなど、次世代を期待された選手だった。
まだ若き頃にサンフレッチェ広島の背番号10番を背負うこととなったが、その後浦和レッズへと移籍している。今は浦和レッズで背番号10番を背負う選手となった。当時サンフレッチェ広島で監督を務めていたペドロヴィッチ監督が浦和レッズへ行ったことで、ミシャの申し子と呼ばれた柏木選手も移籍となってしまった。

おすすめの記事