「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグ・ヴィッセル神戸に加入!ルーカス・ポドルスキ選手に迫る

2017 5/17 09:55Aki
podolski
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ代表のエースストライカーに

その後クラブではアーセナルに移籍する。加入した直後のシーズンはリーグ戦、チャンピオンズリーグ、カップ戦をあわせて39試合に出場するが、2シーズン目からはベンチスタートが増えることになった。
しかしそんな中でもドイツ代表では背番号を10番に変えて不動のレギュラーに。ポジションをこれまでのトップから左サイドに移すが、ヨアヒム・レーヴ監督率いるドイツ代表の流動的な攻撃におけるフィニッシャーとして2008年欧州選手権の準優勝、2010年南アフリカワールドカップの3位に大きく貢献する。2014年のブラジルワールドカップ、2016年の欧州選手権のメンバーにも選ばれるがこの欧州選手権限りでの代表引退を発表する。
2017年3月22日に行われたイングランド戦が代表チームでの引退試合となった。

ポドルスキ選手のプレースタイルは?

これまで多くのゴールを記録してきた様にポドルスキ選手はストライカーだ。 しかし、1人でボールを受けてドリブルで相手を抜いてゴールを決めるという選手ではない。
また相手を背負ってのポストプレーや、ディフェンスラインの背後のスペースに飛び出す様な動きもそれほど得意ではない。代表チームでは左サイドでプレーする機会も多くあったが、守備も得意ではない。 この辺りがバイエルン・ミュンヘンやアーセナルなどでレギュラーポジションを獲得するまでに至らなかった理由だろう。
この事からもわかるように決して色々なプレーができる選手ではない。
しかし左足のシュートは世界最高レベル。時にキャノン砲とも呼ばれる強烈なシュートは精度も兼ね備えており、少々距離があっても関係なくネットに突き刺すことができる。そしてその左足の精度の高いキックで味方に合わせるプレーも得意だ。
ヴィッセル神戸で是非注目なのがその左足だ。1人で何かできる選手ではないのでチームとしてポドルスキ選手が活きる形を作る必要があるが、そこは名将ネルシーニョ監督。しっかりとその武器を活かす形をつくってくるだろう。 早くポドルスキ選手のプレーを生で見てみたい。

おすすめの記事