「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

モンテディオ山形の歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
NDソフトスタジアム山形山形
このエントリーをはてなブックマークに追加

J2とJ1を行き来しているモンテディオ山形だが、歴代監督が戦う集団としてのスピリッツを植え付けて、地元山形とともに成長してきたのは間違いない。
ここではモンテディオ山形の歴代監督と彼らがチームに残していったモノを紹介する。

モンテディオ山形初代監督、植木繁晴

モンテディオ山形としての初代監督に就任したのは植木繁晴監督だ。
その前はベルマーレ平塚の監督を務めていた。当時FWだった中田英寿をトップ下へコンバートした手腕が印象的だ。 1トップのみを前線に残して、残りは全員引いて守ってカウンターという戦術を好んで使い、早い展開のサッカーをチームに浸透させていった。
しかしこの監督の特筆すべき点は、選手たちへのメンタル面で大きな功績を残したことだ。 選手たちの高いモチベーションを引き出すことを得意として、モンテディオ山形に最初にプロ意識を強く植え付けていった功績は計り知れない。

モンテディオ2代目監督、柱谷幸一

モンテディオ山形の2代目監督に就任したのは柱谷幸一監督だ。
就任1年目からJ1昇格争いを演じるなど、高い指導力には定評があったのは記憶に新しいところだ。 柱谷監督の戦術特徴として、とにかく無理はしない、という部分が際立っていた。全員で守って、相手が隙を見せたときに一気に攻め込む、というカウンターを得意としていた。 「攻と守」の早い切り替えが印象的だった。
粘って守り抜いて、相手の一瞬の隙を見逃さない、モンテディオ山形の選手の早い攻撃と粘り強い守備は、柱谷監督がチームの戦い方として練り上げたモノだったと言える。

おすすめの記事