「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プレーが上手すぎる「天才」!?サッカー選手野沢拓也とは

2017 5/17 09:55芝田カズヤ
サッカー パス
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームメーカー野沢拓也の概要

野沢拓也選手は茨城県笠間市出身、1981年8月生まれで2017年に36歳を迎える。36歳というとサッカー選手としてはベテランの域に達している年齢だ。入団して数年、20代でクビになる選手も少なくない現状の中、この年齢まで第一線で活躍するのは簡単なことではない。
そんな野沢選手は小学生の時に地元の少年団でサッカーを始める。1994年に中学生になると、前年に開幕したJリーグ所属の鹿島アントラーズの下部組織である鹿島アントラーズジュニアユースに入団する。その後アントラーズのユースチーム、トップチームと順調に昇格し、のちにアントラーズの中心選手として活躍する。その後ヴィッセル神戸へ移籍し、一時アントラーズに復帰した年もあったが、2017年現在はベガルタ仙台に所属している。
ポジションは中盤を務め、ゲームメーカとして活躍する野沢選手のプレースタイルについてかつてアントラーズでともにプレーした岩政大樹選手は以下のように語っている。

タクはキックの精度やボールテクニックの技術が注目されがちだが、相手のスペースを見つけてタイミングよくゴール前に入り込むセンスも持ち合わせている。

出典: 岩政大樹オフィシャルブログ No Pain No Gain

天才と称された野沢選手はどのような経歴を歩んできたのだろうか?

アマチュアながらもプロ登録

中学生時代からアントラーズの下部組織に所属していた野沢選手はトップチームの事情からユースチーム所属時の1997年、高校1年生ながらトップチームに登録されガンバ大阪との試合ではベンチ入りを果たしている。この試合での出場こそなく、トップチーム登録もこの1試合のみではあったが、この時から野沢選手がいかに評価されていたかということがわかるエピソードだ。
その後も、ユースチームでプレーを続けていた野沢選手が再びトップチームに登録されるのは1999年の高校3年生の時だった。今度はチームの急な事情などではなく、2種(高校生)選手としてトップチームに登録され、実際に京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)戦でJリーグデビューを果たしている。
この年は結局Jリーグでの出場はこの1試合のみとなったが、同年にブラジルのチームにサッカー留学をするなど選手として様々な経験を積んだ年となっている。ちなみにこの高校3年生(17歳7ヶ月30日)でのトップチームの試合出場はアントラーズでのクラブ最年少記録だ。
若い頃から注目を浴びる選手であった野沢選手はアントラーズユースを経てアントラーズトップチームに昇格する。

おすすめの記事