「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

覚醒なるか?!サガン鳥栖・富山貴光

2017 5/17 09:55芝田カズヤ
サッカー ゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

富山貴光選手とは?

富山選手は1990年12月生まれで、2017年に27歳を迎える、サッカー選手として円熟期を迎えつつある選手だ。4歳からサッカーをはじめ、出身地である栃木県の強豪矢板中央高校サッカー部を経て早稲田大学ア式蹴球部(サッカー部)へ入部し2013年に大宮アルディージャに入団しプロ選手としてのキャリアをスタートする。アルディージャでは3年間プレーしたのち、2016年シーズンよりサガン鳥栖に移籍、2017年シーズンは移籍2年目となる。
富山選手のポジションはフォワードだ。そのプレーの特徴はスピードを活かしたドリブルや背の高さを活かしたヘディングでの競り合い相手のディフェンスラインから一瞬で抜け出す駆け引きのうまさ、精度の高いシュートなど多才なフォワードだ。
このような能力の高さから、高校時代より年代別の日本代表に選ばれている。
そんな、若い頃から活躍している富山選手はこれまでにどのような選手経験を積んできたのだろうか?

特別指定選手だった高校時代

先ほども紹介したように富山選手は栃木県の強豪、矢板中央高校で高校時代を過ごしている。高校時代にはU-16日本代表候補、U-17日本代表に選ばれているほか、2年生の時の全国高等学校サッカー選手権大会では大会の優秀選手に選ばれ、日本高校選抜としてヨーロッパ遠征に参加するなど、すでに同年代でもトップレベルの選手として活躍していた。
富山選手はその能力を認められ、高校3年生の時にはJリーグベガルタ仙台の特別指定選手に選ばれている。 特別指定選手とはプロと学生の種別を超え個人の能力に応じた環境を提供するための制度で、高校や大学のサッカー部に所属しながらJリーグクラブの一員としてリーグ戦に出場することができるのだ。
特別指定選手制度の対象は大学生と高校生だが、そのほとんどは大学生だ。富山選手はベガルタでの試合出場こそなかったものの、高校生ながら特別指定選手になるというのはめったにないケースだ。その後、高校卒業時にベガルタ仙台から正式な入団のオファーがあったが、プロとしてやっていけるか不安があったことからオファーを断り、大学サッカーの強豪早稲田大学へと進学する。
プロに進むという選択肢がありながら敢えて大学へと進学した富山選手。早稲田大学ではどのような活躍を見せたのだろうか?

おすすめの記事