「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

和製アンリがついに覚醒?!活躍が楽しみな伊藤翔選手とは?

2017 5/17 09:55芝田カズヤ
サッカー フォワード
このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤翔選手の概要

今回ピックアップするのは現在横浜F・マリノスに所属する伊藤翔選手です。伊藤翔という名前を聞いてピンと来る人もいるかもしれませんが、まずは、伊藤選手のプロフィールについて紹介します。伊藤選手は1988年に愛知県で生まれ、2017年で29歳になります。世間的には20代ということでまだまだ若いと言えますが、29歳という年齢はサッカー選手としては比較的高く、中堅以上の年齢です。
選手としての経歴はこの後詳しく書きますが、15歳のころから各年代の日本代表に選出されるなど、若いころから注目されてきた選手です。
伊藤選手のポジションはフォワードで、身長が184センチと日本人の中では比較的背の高いフォワードです。この情報だけ読むと、背の高さを活かしたポストプレーやヘディングでのシュートを得意とする選手のように思われるかもしれません。しかし、伊藤選手はむしろヘディングは苦手と語る50mを6秒で走る快速フォワードで、ドリブルで相手を抜き去ったり、多彩なシュートを放ったりとマルチな能力を持つ技巧派の選手なのです。
そんな伊藤選手のこれまでのサッカー選手生活は紆余曲折を経てきたものでした。

アーセナルの練習に参加した高校時代

伊藤選手が大きな注目を浴びたのは高校時代からです。愛知県のクラブチームを卒業後、県内の高校サッカーの名門中京大学附属中京高校へと進学します。先ほど、15歳のころから年代別代表に選ばれたと紹介しましたが、高校時代においてもU-17、U-18、U-19そしてU-20の日本代表に選出されています。また、毎年年末年始に行われる全国高等学校サッカー選手権大会にも高校2年時と3年時に出場しています。特に3年時はチームのキャプテンとして出場しています。
代表チームに選ばれたり全国大会に出場したりしていることが、伊藤選手への注目を高めたのかというと、間違いではありません。しかし、より伊藤選手の存在を知らしめることになったのが、イングランドプレミアリーグ所属のアーセナルへの入団テストでした。
伊藤選手がアーセナルの入団テストに参加したのは高校3年時の2006年8月でした。もともと同年の4月にも練習参加しており、その時のプレーをアーセナルのベンゲル監督に認められ、テストへとつながりました。テストでは、当時のイングランド代表のアシュリー・コールを抜き去って点を決めるなど、計5得点の活躍を見せます。この結果を受けベンゲル監督は特例で伊藤選手の獲得を試みますが、結局ビザの都合で入団することはかないませんでした。
入団こそできなかったものの、アーセナルというビッグクラブの入団テストを受けたこと、ベンゲル監督にアーセナルのスーパースター、アンリ選手に例えられて賞賛され、「和製アンリ」として日本に知られるようになるなど、大きなインパクトを生み出しました。

おすすめの記事