「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京ヴェルディの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com

Jリーグ創設当時の黄金期を経て、長期低迷にあえぐ東京ヴェルディ。
なぜこのようなチーム状態になったのか、これまでの経緯なども交えながら東京ヴェルディの歴代監督がチームに残したものを紹介する。

欧州スタイルを持ち込んだ松木監督の方針にチームは反発

東京ヴェルディは、1969年に創部した「読売サッカークラブ」が母体となってJリーグに加盟した。開幕時のクラブ名は「ヴェルディ川崎(V川崎)」。監督はテレビ解説でおなじみの松木安太郎氏だった。
松木氏は監督就任時、読売クラブから続いてきた伝統のブラジルスタイルから、ヨーロッパスタイルの組織的サッカーへの転換を掲げてきたが、古参の選手はこれに反発。主力の退団やストライキもあってファーストステージは失速したが、セカンドステージではブラジルサッカーへと戻したことでチームは優勝。チャンピオンシップでも鹿島を破り、初代王者に輝いた。

レオン監督を酷評していた主力が移籍、不協和音に

松木体制で94年もセカンドステージを優勝し、チャンピオンシップで広島を破り連覇。FW三浦知良選手やMFラモス瑠偉選手、DF柱谷哲二選手などのタレントを数多く有したこともあり、黄金期を築き上げた。
その黄金時代に陰りが見え始めたのは、96年後期に就任し、前清水の監督だったレオン体制からだった。一部選手は清水時代の戦術を酷評していたこともあり、就任時から不協和音が発生。天皇杯は優勝したものの、97年はリーグ戦での成績が振るわず、間も無く解雇となった。この年はOBの加藤久氏、バウディール・エスピノーザ氏、川勝良一氏(天皇杯のみ)と1年で4人もの監督が交代するなど、低迷の始まりを象徴する年となった。

おすすめの記事