「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

湘南ベルマーレの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
湘南ベルマーレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレのクラブ史や戦績とともに、湘南ベルマーレの歴代監督がチームに残したものについて紹介する。

湘南ベルマーレ旋風、いきなり炸裂

湘南ベルマーレは、栃木県で1968年に発足した藤和不動産サッカー部から始まり、93年に運営会社となる株式会社フジタスポーツクラブが設立。同年、Jリーグの準会員として承認されるとともに、運営会社も「ベルマーレ平塚(チームも同名)」に改名した。JFL1部で優勝し、正式にJリーグ参入が認められた。
J参入1年目の94年は、かつてフジタでプレーをしていた「OB」の古前田充氏が指揮をとった。ファーストステージは12チーム中11位と厳しい洗礼を浴びたものの、セカンドステージになると2位に躍進。超攻撃的サッカーから「湘南の暴れん坊」との異名を持つようになり、天皇杯でも後に参入してくるC大阪を下し初優勝。1年目にして上位クラブという出来過ぎたシーズンだった。

植木監督の功績は中田のトップ下へのコンバート?

順風満帆に見えた平塚の船出だったが、これ以降のリーグ戦ではパッとしない。日本サッカーの中心選手だった中田英寿やロペス(後の呂比須ワグナー)が95年に入団するなど、若手を含めた戦力面も充実していたかのように見えたが、フタを開けてみると年間11位と振るわず、古前田監督も一度、監督を辞めてフロントへと退いた。
後任の植木繁晴氏は、アジアウィナーズカップで優勝し、アジア月間最優秀監督にも選ばれた監督だ。98年まで監督を務めている。リーグ戦は97年のファーストステージ4位が最高で、その他の戦績は乏しかったのだが、植木監督の最大の功績は、当時FW登録だった中田のゲームメイク力を評価し、トップ下へとコンバートしたことだろう。

「平塚」の消滅、「湘南」に改名

リーグ戦やカップ戦などで次第にタイトルから遠のくのと同時に、水面下ではクラブの危機も迫っていた。
98年のフランスW杯にはクラブから中田など日本、韓国籍の計4選手が選出されたが、中田はW杯直後にイタリア・セリエAのペルージャへ移籍。99年に親会社であるフジタが経営再建からスポンサーを撤退すると、同時期に主力も次々退団し、リーグ戦は年間でわずか4勝しかできずにJ2へ降格した。
奇しくも降格時の監督は、94年にベルマーレ旋風を引き起こした古前田氏。前任からシーズン途中でチームを引き継いだとはいえ、名将を持ってしても流れを変えることはできなかった。

低迷期となった2000年代

J2・湘南ベルマーレとなったチームを引き継いだのは、V川崎での監督経験のあった加藤久氏だった。この際には、V川崎時代に獲得したアトランタ五輪代表のMF前園真聖(レンタル)を呼んだが、シーズン途中で解任され、成績も年間8位と低迷する。
00年以降、監督は毎年のように変わっては消えを繰り返し、04年は代行を含むと1シーズンで3人もの監督が交代するなど、定まらぬチーム方針とともに順位も中位から下位を行ったり来たりしていた。
浮上のきっかけをつかみ始めたのは、07年の菅野将晃体制だった。今までの湘南が伝統的に攻撃重視スタイルだったのに対して、現役時代に培った古河電工の堅実的サッカーを根付かせ、任期の2年間でそれぞれ6位、5位とプレーオフあと一歩まで迫った。

反町、曹監督で再びJ1の舞台へ

菅野氏の後任として09年に来たのは、クラブOBの反町康治監督だった。反町監督はかつて新潟をJ1へ昇格させた実績があり、人気クラブへと押し上げた定評を買われた形で就任。長丁場のJ2を戦い抜くために、ハードワークを厭わない選手を重用し、新潟時代に指導した選手も獲得。安定した成績でJ1への切符をものにしたが、J1ではJ2で見せた堅守が崩壊し、リーグ21戦連続未勝利のJ1ワースト記録も作り降格。3年目のJ2でもケガ人に悩み、14位と低迷し、退任となった。
12年から現在まで指揮をとる曹貴裁(チョ・グイジェ)監督は、攻守の素早い切り替えの維持(ノータイム・フットボール作戦)を掲げ、12年、14年と2度にわたりJ1に昇格。15年も8位と定着に成功させた。

まとめ

湘南ベルマーレは参入当初が黄金期と見られるかもしれない。2000年代には長い低迷期を過ごした。2010年代になると、独自の戦略を持った監督の就任によりJ1昇格に挑戦。これからもJ1定着化へ奮闘を続けているベルマーレの今後の動きに目が離せない。

関連記事

おすすめの記事