「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

湘南ベルマーレの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
湘南ベルマーレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

湘南ベルマーレのクラブ史や戦績とともに、湘南ベルマーレの歴代監督がチームに残したものについて紹介する。

湘南ベルマーレ旋風、いきなり炸裂

湘南ベルマーレは、栃木県で1968年に発足した藤和不動産サッカー部から始まり、93年に運営会社となる株式会社フジタスポーツクラブが設立。同年、Jリーグの準会員として承認されるとともに、運営会社も「ベルマーレ平塚(チームも同名)」に改名した。JFL1部で優勝し、正式にJリーグ参入が認められた。
J参入1年目の94年は、かつてフジタでプレーをしていた「OB」の古前田充氏が指揮をとった。ファーストステージは12チーム中11位と厳しい洗礼を浴びたものの、セカンドステージになると2位に躍進。超攻撃的サッカーから「湘南の暴れん坊」との異名を持つようになり、天皇杯でも後に参入してくるC大阪を下し初優勝。1年目にして上位クラブという出来過ぎたシーズンだった。

植木監督の功績は中田のトップ下へのコンバート?

順風満帆に見えた平塚の船出だったが、これ以降のリーグ戦ではパッとしない。日本サッカーの中心選手だった中田英寿やロペス(後の呂比須ワグナー)が95年に入団するなど、若手を含めた戦力面も充実していたかのように見えたが、フタを開けてみると年間11位と振るわず、古前田監督も一度、監督を辞めてフロントへと退いた。
後任の植木繁晴氏は、アジアウィナーズカップで優勝し、アジア月間最優秀監督にも選ばれた監督だ。98年まで監督を務めている。リーグ戦は97年のファーストステージ4位が最高で、その他の戦績は乏しかったのだが、植木監督の最大の功績は、当時FW登録だった中田のゲームメイク力を評価し、トップ下へとコンバートしたことだろう。

おすすめの記事