「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最強助っ人から若手のホープまで。コンサドーレ札幌・背番号10の系譜

2017 5/15 09:56SOL
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 ALF Sniper/Shutterstock.com

クラブ創設20年目を迎えたJ1リーグのコンサドーレ札幌。 これまでに数多くの名選手がプレーしてきたが、キープレーヤーが背負ってきた背番号はやはり10だ。 コンサドーレ札幌で背番号10をつけたプレーヤーたちを紹介する。

チーム創成期は、あのマラドーナの弟が身につけていた!

1997年はコンサドーレ札幌にとって、JFLに所属したラストイヤー。26勝4敗でJFL優勝を決めてJリーグ昇格を決めた1年だった。このシーズン10番を背負ったのは、サッカー史に名を残す元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナの弟である、ウーゴ・マラドーナ選手だった。
兄のようにヨーロッパで大成するには至らなかったものの、1995年にPJMフューチャーズに入団すべく来日し、以降、福岡ブルックス(現・アビスパ福岡)をJリーグ昇格に導く活躍を見せて1997年に札幌入りする。トップ下として攻撃の軸を担い、兄譲りの攻撃センスを見せつけて活躍した。元パナマ代表のデリー・バルデス選手と抜群のコンビネーションを披露し、在籍した2シーズンで15ゴールを挙げている。

マラドーナ弟に続き、あのテクニシャンの兄も札幌で10番を背負う

ウーゴ・マラドーナ選手の後を継いで背番号10を身につけたのは、ブラジルからやってきたアシス選手。彼の弟は元ブラジル代表のスーパーテクニシャンだったロナウジーニョ選手なのだ。
アシス本人は引退後はロナウジーニョ選手の代理人として活躍しており、ロナウジーニョ選手関連のニュースでもその名を目にすることがしばしばある。札幌には1999年に加入してJ2でプレイ。1シーズンのみ在籍だったが、攻撃的ミッドフィルダーとして33試合に出場し、9ゴールを挙げた。

おすすめの記事