「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アディショナルタイムを知ってより観戦楽しむ7つのポイント

2016 8/11 21:57
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

アディショナルタイムはどう知らされているのか

アディショナルタイムは前半後半共に44分過ぎになると第4審判が時間を示したボードを持ってスタジアム全体に伝える。 その時に表示された数字分だけプラスされることになるのだが、ピッチ上にいる主審に伝えられ、主審はそれを元にアディショナルタイムを90分からスタートさせ腕時計によって図る。しかし、アディショナルタイム中にも選手交代が行われたり試合が止まることも多いので例えばアディショナルタイム3分と表示され、3分が過ぎてもプラス加算で少し長めにアディショナルタイムを取ることもある。

アディショナルタイムだからこそ生まれるゴールもある

アディショナルタイムは前半と後半にあるが、後半のアディショナルタイムは特に、90分戦い体力も消耗している中でも最後の戦いの時間となることで、より集中した時間を過ごさなければならない時間となる。 特に1点差で負けているチームはその時間にどんなことをしてでも追いつこう!と集中攻撃を仕掛け、時にはGKまでもが前線に上がって1ゴールを目指し攻撃を仕掛ける。攻撃にも守備にも集中が必要な時間帯となり、その時間に試合が動くようなアグレッシブな両チームのプレーが観ることができるので、サッカーがより楽しくなる時間でもある。

おすすめの記事