「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アディショナルタイムを知ってより観戦楽しむ7つのポイント

2016 8/11 21:57
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー観戦を楽しむためにはルールを知っておきたい。 アデイショナルタイムを知ってサッカーをより楽しむ方法をお伝えしたいと思う。

サッカーの試合は90分+αである

サッカーの試合は前半45分、後半45分の90分という時間の中で行われるが、その前半と後半の試合が停まった時間を計算し、アディショナルタイムという時間が設けられる。 アディショナルタイムというのは前半と後半それぞれに存在し、多い時には8分ものアディショナルタイムが加算されることになる。前半はほとんどの場合で1分から2分、後半は3分から8分ものアデイショナルタイムが設けられることになり、90分+αの時間が存在する。

アディショナルタイムはどう決められるのか

アディショナルタイムはそれぞれの試合で何分設けられるかは違う。アディショナルタイムはその試合の45分の中でどれだけ試合が止まったかという時間の元で計算されているのだ。例えば、選手が負傷して倒れ込んでしまい、担架が入り運ばれたり、医療スタッフが入り治療を行ったりすることで時間が多く止まることになる。FKの際に選手たちがボールを蹴るのに時間を擁したり、選手同士が言い争いになったりした時も時計は止まることになるから、その試合のその日の流れによってアディショナルタイムは変わることになる。通常前半1分から2分、後半は3分から4分のことが多いだ。

おすすめの記事