「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

厳しいシーズンを経てFC東京を変えようと覚悟を決めた森重真人

2017 4/12 20:20Aki
morishige
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグで最も高い評価を受けているディフェンダー

ドイツを中心に世界中の移籍情報などをまとめているTransfermarktというサイトでは、それぞれの選手に市場価格として移籍市場で獲得するために必要な移籍金の目安が設定されている。
これはもちろん日本人選手にもつけられており、Jリーグで最も高額なのがセビージャFCからセレッソ大阪に復帰した清武弘嗣選手だ。サッカー市場はヨーロッパが中心となっているため、ヨーロッパでプレーし活躍した選手が高く設定されるという傾向があるものの、Jリーグでプレーする外国人選手も含めても最高金額となっている。
その中でディフェンダーとして最も高額に設定されているのがFC東京の森重真人選手だ。
180万ユーロ(2億円強)という金額はJリーグ全体でも5番目の金額で、日本人選手では清武選手で、ポルトガルでプレーした田中順也選手につぐ3番となる。海外のクラブでプレーしたことが無い選手の中では最高額だ。これは日本代表の活躍による影響が大きいのだろう。 森重選手は2016年に行われた日本代表の10試合全てに出場している。

ボランチからディフェンダーにコンバート

森重選手はサンフレッチェ広島の下部組織出身だ。同期には現在浦和レッズに所属し日本代表でもチームメイトの槙野智章選手がおり、中学生時代の槙野選手と森重選手は当初、2トップを組む間柄だった。
しかしその後、ゲームを見る目の高さと高い技術を買われた森重選手は守備的ミッドフィルダーに転向。ここでも主力としてプレーしていた森重選手だが、槙野選手がサンフレッチェ広島ユースに昇格した一方で、森重選手は昇格メンバーから漏れ高校のサッカー部に所属した。そして高校卒業後に大分トリニータへと加入する。
高校時代にU-17日本代表に選出され大分トリニータに加入する頃には、既にこの世代を代表する守備的ミッドフィルダーとして広く知られるようになっていた森重選手だった。だが、当時の大分トリニータの監督であったシャムスカ氏は、さらにポジションを後ろに下げるセンターバックへとコンバート。
最終ラインにポジションを移すことで、以前は守備的ミッドフィルダーとして見せていた”攻撃を組み立てる能力の高さ”がより発揮されるようになった。また本来持っていた身体能力の高さに加え、空中戦では抜群の強さを発揮し一気にポジションを獲得した。2008年には21歳にしてチームの中心選手として、ナビスコカップ優勝の立役者となっていた。
しかしこの当時、能力の高さを感じさせるものの、時に自分を見失ったかの様なラフプレーを見せる事もあり、イエローカードの多い選手でもあった。

おすすめの記事