「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグを語るならココ!聖地と崇められるスポット5選

2017 4/5 09:49dada
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Nicescene/ Shutterstock.com

1993年の開幕から20年を超え、すっかり日本の人気スポーツリーグとなったJリーグ。 そんなJリーグを語る上では、「聖地」とされるスポットに注目してみることをおすすめします。 聖地と呼ばれる理由や、背景に何があるのか、そして気になる観光情報もおさらいしていきましょう。

国立霞ヶ丘競技場

国立霞ヶ丘競技場は、日本国内でも聖地として名高いスタジアムです。この競技場をホームスタジアムとするクラブはありませんが、重要な大会の試合やゲストを招いた特別試合が行われることがあります。
格式高いスタジアムに入ることは、選手にとってもサポーターにとっても大変気持ちの高まる経験となります。その点で言えば、1964年の東京オリンピックなどで多くの感動を生んできたこの競技場は、聖地として十分なスポットでしょう。
周辺には明治神宮などがあります。日本の文化に触れるには最適のエリアです。

埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002(以下、埼玉スタジアム)はJリーグの強豪、浦和レッズが使用するスタジアムです。サッカー専用スタジアムのため、観客席からピッチの距離が近く、迫力ある観戦が可能となっています。 日本代表の公式戦では、2016年9月のUAE戦までこのスタジアムでは負けなし。勝利をもたらすスタジアムとしても有名で、国立霞ヶ丘競技場に次ぐ聖地として有名になりました。
埼玉スタジアムではフリーマーケットも開催され、多くの人でにぎわいます。また、隣接する埼玉スタジアム公園では、家族連れがボールを蹴る姿も見られます。

おすすめの記事