「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

その時私たちは涙する!Jリーグの感動のプレー&エピソード

2017 4/5 18:49dada
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 mooinblack / Shutterstock.com

Jリーグで起きた数々の奇跡のプレーや感動エピソード。 その中には、思わず涙してしまうものや、圧巻ともいえる驚愕の物語があるのだ。 日々私たちを楽しませてくれるJリーグの魅力に、ぜひ触れてみてほしい。

これはダンス?鹿島所属レオナルドのスーパーゴール

元ブラジル代表、元鹿島アントラーズ所属のレオナルド選手のゴールはまさに奇跡そのものだった。 1995年の横浜F・マリノス戦、ゴール前で相手DFを手玉に取る5回のリフティングを披露。最後は見事ゴールにボールを沈めるという離れ業をやってのけたのだ。 Jリーグ創世記であった当時は、レオナルド選手ら外国人選手の躍っているかのようなプレーに、多くの日本人が魅了されたものだ。
すでに20年を経過した今でも、レオナルド選手のゴールは記憶に新しく、今後も語り草となることだろう。

超ロングシュート!横浜FC久保竜彦のゴール

2007年の浦和レッズVS横浜FC戦。この試合では久保竜彦選手が圧巻のロングシュートを決めた。 サイドでボールを受け、相手選手をドリブルでいなしながら中央へ体を向けると、すぐさま左足を一閃。約40mもの距離からゴールを決めてみせたのだ。
並の選手であれば振り向くことはできてもそのままゴールへ向けてシュートを放つのは難しいものだ。しかし、久保選手は強烈な筋力とバランス力でこれを可能にしたのだった。
ゴール後に見せたセレブレーションのひょっとこダンスは話題となり、グッズとしても販売されるようになった。

おすすめの記事