「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サポーター活動をとことん楽しむ!FC東京のサポーター

2017 4/5 09:49芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://chantsoccer.com/

サポーターとは、サッカーを愛し、チームを愛する存在。チームの勝利を願う気持ちは誰よりも強く、負けると涙を流すことも珍しくありません。そんな熱い気持ちを持つサポーターは日本各地に存在します。今回はそんな中でもFC東京のサポーターに焦点を当てます。

FC東京の歴史

FC東京は1999年からJリーグに参戦しているチームです。Jリーグへの参戦は1993年の開幕から少し遅れていますが、チーム自身は非常に長い歴史を持ちます。FC東京の前身は1935年に結成された東京ガスサッカー部。チームのJリーグ参戦に向けてチーム名を東京ガスサッカー部→東京ガスフットボールクラブ→FC東京へと改称し、1998年のJFLで現在J1に所属する川崎フロンターレとの優勝争いを制すると、1999年に創設されたJ2へとそのステージを移します。
Jリーグ1年目となった1999年は実業団時代からの選手が残っている状況でした。プロチームでありながらプロ契約を結んでいない選手が多数いるというチーム事情ながら年間で2位になり、参戦1年目でJ1昇格を決めます。J1昇格後は2010年にJ2に降格したものの1年で復帰しており、J1を主戦場としています。チームはこれまでにJリーグカップを2度、天皇杯を1度、J2を1度制しているもののJ1での優勝経験がなく、2017年は悲願の初優勝を目指しています。
また2016年、J3に所属するFC東京U-23で、元バルセロナの現役中学生の久保建英選手がJリーグデビューを果たしており話題になりました。

FC東京の応援スタイル

FC東京の応援時の特徴の1つにタオルマフラーの存在があります。もちろんレプリカユニフォームを着ているサポーターも多いのですが、タオルマフラーを利用した応援が最大の特徴と言えます。
特に『You'll Never Walk Alone(ユール・ネバー・ウォーク・アローン)』を歌う際にはサポーターが一斉にタオルマフラーを掲げて歌っており、印象的です。この歌は、イングランドのリヴァプールをはじめ世界中のチームで応援歌として歌われる有名なもの。この歌を聞くと試合への気持ちが高まるサッカーファンもいるのではないでしょうか?
また、サポーターによる相手チームへのブーイングやバッシングの激しさも特徴です。ブーイングやバッシングというとあまり良いイメージを持てないかもしれませんが、それだけ、チームの勝利を強く願っているとも考えることができます。サポーターの思いの強さを表すものとなっています。

おすすめの記事