「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チームへの檄は愛情の証!名古屋グランパスのサポーター

2017 4/5 09:49芝田カズヤ
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://nagoya-grampus.jp/

サッカーにおけるサポーターはチームを応援するだけでなく、時には厳しい意見を投げかけることもあります。それはチームを愛するが故の行動です。今回は2016シーズンにクラブ初のJ2降格となってしまった名古屋グランパスのサポーターに焦点を当て、チームへの思いを紹介します。

名古屋グランパスの歴史

名古屋グランパスは1939年に創部されたトヨタ自動車工業サッカー部を母体としていて、Jリーグには1993年の開幕時から参戦しています。開幕当初からJリーグに参戦している10チームはオリジナル10と呼ばれていて、名古屋もそのうちの1チームです。これまで、Jリーグや天皇杯を制覇したこともあるほか、有名選手・監督が所属していました。
例えばワールドカップにも出場したことのあるドラガン・ストイコビッチ氏が選手、監督として活躍したほか、現在はイングランドプレミアリーグの強豪アーセナルで監督を務めるベンゲル氏が監督を務めた経験もあります。まさにJリーグを代表するクラブの1つとして活躍してきたと言えます。
しかし、そんなグランパスは2016年にクラブ史上初のJ2降格が決定しました。 J2降格という悲劇にサポーターはどのような思いを持つのか見ていきましょう。

サポーターは応援するだけじゃない

サポーターというと、応援歌を歌ったり、旗を振りながらチームを応援したりする人たちというイメージを持つ人が多いかと思いますが、実はそれだけではありません。
チームの調子が悪い時には、厳しい言葉を投げかけ、チームに奮起を促すほか、時にはブーイングでチームを批判するなど、チームを愛しているが故にチームが勝つために厳しい態度をとることもあります。
2016年のグランパスサポーターも、チームの調子が悪いシーズン中からチームに檄を飛ばしていました。それでもチームの調子が上がらずJ2降格圏内に順位を落としていた2016年7月31日、グランパスはサポーターズミーティングを開催し、多くのサポーターが参加しました。この会にはチームの社長である久米社長(当時)も出席し、サポーターから厳しい質問が社長へと投げかけられました。クラブの補強の意図、監督やコーチの人事に関して、試合内容などその内容は様々です。
結果としてグランパスはJ2降格が決定してしまいましたが、このミーティングでのサポーターの姿勢にも見られるように、ただチームを応援するのではなく、本当に勝って欲しいからこそ、時には厳しい態度をとるのもサポーターの1つの側面なのです。名古屋はチームを心のそこから応援しているサポーターとともにJ1への早期復帰を目指します。

おすすめの記事