「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ガンバ大阪の歴代監督がチームに残したモノ

2016 7/31 18:20
ガンバ大阪
このエントリーをはてなブックマークに追加

西高東低が続くJリーグ。西へ目を向けるとガンバ大阪が有名だが、過去のガンバの名監督についてご存知だろうか。今回は、どのような監督が今のガンバ大阪の基礎を作り上げてきたのかを紹介する。

名ストライカーも監督としては苦戦 釜本邦茂

日本が世界に誇る名ストライカーといえば、釜本邦茂を抜きに語ることができない。ヤンマーディーゼルで栄光を築いてきた選手だが、191年からガンバ大阪の監督に就任して、1993年のJリーグ開幕時にも指揮を取った。
残念ながら、監督としては実績を残すことができず、当時のエースであった永島昭浩との確執を生むなどチームとしてまとめることができなかった。一方で、若手選手の育成手腕には評価が集まっており、もう少し長いスパンで監督としての実力を見たかった点がある。

単なるダジャレおじさんではない!?早野宏史

横浜マリノスで監督としての実績を評価され、1999年にガンバ大阪の監督に就任したのが早野宏史だ。テレビ解説ではダジャレを連発している印象だが、ガンバではそこそこの成績を残すことに成功している。それまで2桁順位が当たり前だった中の2000年セカンドステージで久々に4位に押し上げる実績を残した。
目に見える形で何かを残したというわけではないのものの、間違いなくその後のガンバの黄金期に進むためのレール作りをしているのは間違いない。特に、若手選手の起用により下地をしっかり作った点は高く評価されている。

おすすめの記事