「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アビスパ福岡の10番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 18:20
アビスパ福岡
このエントリーをはてなブックマークに追加

1996年のJ1参入以来、J1とJ2を行き来することが多いアビスパ福岡だが、その歴史はどのようなものだっただろうか。今回は、アビスパ福岡の歴代背番号10番の選手を紹介する。

アビスパ福岡に10番を定着させた男!中払大介

クラブ創設期の1996年から2001年までアビスパ福岡に所属していた中払大介。初期は別の背番号でプレーしていたが、1999年から背番号10番を背負う。創設期のアビスパ福岡は下位に落ち込み、何度も降格の危機に陥ったが中払大介はチームの中心として貢献したため、未だに古いサポーターからの人気は高いだ。2001年シーズン後に京都サガンFCに移籍したが、2008年に7年ぶりにアビスパ福岡に復帰し、2009年シーズン後に引退している。

初の韓国代表Jリーガーも背番号10番を!盧廷潤

現在では数多くの韓国代表プレイヤーがJリーグで活躍しているが、その先駆けとなったのが盧廷潤だ。高麗大学校に所属していた頃から韓国代表に選ばれていた盧廷潤は、1993年にサンフレッチェ広島に入団する。現役中は日本、韓国、オランダの3カ国でプレーしたが、アビスパ福岡には2001年から2シーズン所属した。アグレッシブなプレースタイルを誇る一方、性格は非常に紳士的で、日本のサポーターの間でも根強い人気があった。

おすすめの記事