「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アルビレックス新潟の10番を背負ってきた名選手5人

2016 7/31 18:20
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com

観客動員数で常に上位をキープするアルビレックス新潟。チームを支えてきた名選手はどんな選手がいるのだろうか?
今回は、アルビレックス新潟の歴代背番号10を背負ってきた選手たちを紹介する。

背番号10番を定着させた!エジミウソンシルバ

1999年にJ2リーグ参入以降、ずっと背番号10を背負うべき選手が見つからず苦しいシーズンが続いた。そんな中で、初めてJ1に昇格した2004年に背番号10を背負ったのがエジミウソンシルバだ。典型的な背番号10タイプではないものの、ストライカーとして多くのゴールを挙げた。
特に、2005年シーズンには18ゴールを挙げて、全国的にも注目される存在となった。2008年に浦和レッズに移籍するが、今でもエジミウソンシルバのことを忘れるサポーターはいない。

Jリーグ屈指のセットプレイヤー!マルシオリシャルデス

歴代Jリーガの中でも、屈指のセットプレイヤーとしてマルシオリシャルデスの名を挙げる方が多い。2007年はエジミウソンシルバに背番号10を明け渡すものの、2008年から3年間、背番号10を背負いプレイし続けた。
マルシオリシャルデスのアルビレックス新潟でのハイライトといえば、やはり2010年7月24日ベガルタ仙台戦がある。なんと、PK、FK、CKでゴールし、ハットトリックを達成した。また、流れの中でもチャンスの起点となり活躍し続けた。

おすすめの記事