「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最多勝ち点チームのプライド、浦和レッズの2017年展望

2017 2/22 15:03Aki
urawa
このエントリーをはてなブックマークに追加

目前でこぼれ落ちたリーグチャンピオンの座

2016年のJリーグで最も安定して強さを見せたのは年間勝ち点で首位となる74を獲得した浦和レッズだということは紛れもない事実です。
ファーストステージこそ3位に終わったもののセカンドステージでは17試合と短期勝負ながらも2位のヴィッセル神戸に勝ち点6もの差を付けて優勝。ジュビロ磐田の名波浩監督も年間勝点3位の鹿島アントラーズと勝ち点10以上の差をつけた浦和レッズと川崎フロンターレの2チームは2016年のJ1で抜けた存在だったと語っており、そしてその川崎フロンターレに競り勝ち最終節を待たずに年間勝ち点首位を決めた浦和レッズの強さは特筆すべきものでした。
しかしチャンピオンシップという短期決戦で鹿島アントラーズの勝負強さの前に後塵を拝する事に。決勝のスコアは同点で、両チームの差を分けたのはアウェイゴールという微妙な差。しかも年間勝ち点が15も下回るチームに敗退となる現実は受け入れがたい一面もあったでしょう。

年間勝ち点首位は誇るべき成長

これまでも優勝の掛かった一戦で敗れることや、リーグ戦の後半に失速してしまう事を繰り返していた浦和レッズ。チャンピオンシップ決勝の2戦目では鹿島アントラーズに同点に追いつかれてからの時間は積極性を失ったようにも不完全燃焼とも感じられる内容であったため、2016年も同じことを繰り返してしまったという評価も聞かれます。
しかしリーグ戦全体を振り返ると2016シーズンはこれまでと異なりシーズン終盤に失速することなく年間勝ち点首位を獲得。これはリーグ戦を戦うチームの体力は確実に成長したと言えるもので、しかもミハイロ・ペトロヴィッチ監督はこれまでの哲学や戦い方を変えたわけではなく、それを徹底したことで獲得したという点ではもっと評価されるべき点でしょう。
またルヴァンカップ決勝ではPK戦の末にガンバ大阪を下し13年ぶりとなる優勝も達成。
これまでは勝負弱いと呼ばれてしまっていたチームが拮抗した熱戦の、しかもPK戦で優勝を達成したということもチームの成長という観点では大きな出来事です。

おすすめの記事