「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

清水エスパルスの2016年を分析し2017年を展望する

2017 2/22 15:02Aki
サッカー オレンジ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大逆転でJ1復帰

1992年のJリーグ発足時に加盟したオリジナル10の1つとしてJ1で戦い続けてきた清水エスパルスが、ついにクラブ史上初となるJ2で戦うこととなった2016シーズン。
開幕戦となった愛媛FC戦でボールを支配しながらも守備的を固める愛媛FCを崩しきれずスコアレスドローに終わった試合に象徴されるように、シーズン序盤は勝ち点を積み重ねる事ができずに中位にとどまり続けていました。
しかし今シーズン招聘した小林伸二監督のサッカーがチームに浸透し始めると34節から最終戦にかけての9連勝を含めシーズン後半戦は16勝2分3敗と一気に勝ち星を重ね始め、自動昇格圏内の2位でフィニッシュ。
2016シーズンで首位はおろか、最終順位となる自動昇格圏内の2位に入ったのも最終戦の1つ前、第41節という鮮やかな逆転劇でした。
J2は長くいればいるほど昇格が難しくなり、また復帰した後もJ1での戦いを厳しくしてしまうものですが、見事1年でのJ1復帰を決めました。

攻撃陣が大爆発

清水エスパルス2016シーズンの成績で特筆すべきはリーグナンバーワンとなる85得点。リーグ2位の得点を記録した北海道コンサドーレ札幌が65点。その差20点は圧倒的な数字で、リーグで唯一1試合平均得点が2点を超える成績を記録していました。
その中でもゴールを量産したのは26得点を記録しリーグ得点王にもなった鄭大世選手。さらにその鄭大世選手と前線でコンビを組んだ大前元紀選手も長期負傷離脱があり出場試合数が29にとどまりながらもこちらはリーグ3位となる18得点を記録しています。
このJ1でも実績が十分あり、ずば抜けたタレントである2人がゴールを量産したことで「清水エスパルスの2016年は前線の優れたタレントが爆発した」と分析してしまいそうになりますが、それだけでは不十分。実際の試合をみると、この前線のタレントが爆発したのはリーグ3位の失点数に留めた守備での活躍が引き出したものだという事に気がつきます。

おすすめの記事