「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J1残留が最大の目標となる北海道コンサドーレ札幌の2017年展望

2017 2/22 15:03Aki
札幌ドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

J2最多となる3度目のリーグ制覇

清水エスパルスやセレッソ大阪などJ1での経験も豊富なチームや、降格した松本山雅FCを抑えて2016年の明治安田生命J2リーグ優勝を達成した北海道コンサドーレ札幌。
前回J1に昇格した2012年には史上最速降格という厳しい結果に終わり、その2013年から昨年までJ2でも8位、10位、10位とプレーオフ圏内にも入る事ができていなかったので、この2016シーズンの躍進はある種予想外だったと言えるでしょう。
しかし今シーズンは11節に首位に立つと、翌12節のロアッソ熊本戦は震災の影響により延期となったため一旦は3位に順位を落としますが、13節の勝利で再び首位に返り咲き、その後は一度も首位の座を明け渡すことなくそのままJ2最多となる3度目の優勝。昇格回数5回もこれまで京都サンガ、湘南ベルマーレ、アビスパ福岡と並んでいた4回から抜け出し最多となりました。

先制試合での勝率がリーグナンバーワン

2016シーズンの北海道コンサドーレ札幌を支えたのは、得点数・失点数共にリーグ2位を記録した安定感。先制した試合数はリーグ3位となる26試合。そして先制した試合の勝率はリーグナンバーワンの88.46%を記録。先制した26試合中、23試合にそのまま勝利し、同点に追いつかれたのはわずか2試合、逆転負けに至ってはわずか1試合と圧巻の成績です。
サッカーは先制点が大きなアドバンテージになる競技の1つと言われていますが、先制試合での平均的な勝率は66%となっており、その勝率88.48%は特筆すべき数字。2015シーズンは先制試合数22試合と2016シーズンの成績には劣るもののそれでも半数以上の試合で先制、しかし先制試合での勝率が59.8%と平均以下の数字に終わっていたので、2016シーズンに大きな改善が見えた要素だといえます。

おすすめの記事