「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

3年ぶりのJ1に挑むセレッソ大阪が目標を達成するために必要なこと

2017 8/17 16:20Aki
cerezo
このエントリーをはてなブックマークに追加

J1昇格が至上命題だった2016年

3度目のJ2で2年目を迎えた2016シーズン。セレッソ大阪はこれ以上J2にとどまる事はクラブにとって大きなダメージとなってしまう可能性が高いということで大型補強を敢行。
山口蛍選手、染谷将太選手は移籍したもののそれ以外の昨シーズンの主力選手は残り、それに加えて、柿谷曜一朗選手、杉本健勇選手というJ1で4位となった2013シーズンの主力選手を復帰させ、さらには鹿島アントラーズから山村和也選手、FC東京から松田陸選手、ツエーゲン金沢から清原翔平選手を獲得するとJ2では飛び抜けた陣容を誇るチームを編成する。
しかし一方で監督には昨シーズン終盤に「あくまで今シーズン終了まで」としてスクランブル的に監督に就任することとなった大熊清氏が2016シーズンも継続して指揮を取る事を発表。
クラブはOBのファン・ソンホン氏やユン・ジョンファン氏などを中心にオファーを出していた様だが両者とも破談となったため、言ってみればスクランブル状態が継続する形となる。
もちろんクラブOB以外の監督を招聘するという選択肢もあり、その為の動きも行っていたが、最終的にクラブはその方法を選択しなかった。

苦しい戦いを続けながらもJ1昇格を決定

2016シーズンは、開幕4連勝、8試合連続負け無しと結果だけを見れば華々しいスタートを切るが、実際の試合内容はとてもチームのクオリティに合っているとは言えないものばかり。対戦相手が対策をねってくる様になると初黒星となった9節から14節まで1勝3分3敗と一気にペースダウンを見せる。
そしてこの頃から聞かれるようになったのは、対戦相手の選手や監督からの「個の能力は高いがチームとしては」というコメント。
このコメントは最終的にプレーオフ決勝まで聞かれたように、チームとして改善される事もなく、また夏頃からはサポーターからも大熊監督に厳しい声が聞かれるようになり、実際にチームも7/9の第22節以降は目標としていた首位はおろか、自動昇格圏内となる2位以内に一度も浮上する事はなかったが、大熊監督を継続。これはシーズン当初の大熊監督就任の経緯を考えると内容はどうであれ、よほど大きく成績を落とさない限りは当然のことだったかもしれない。
圧倒的な戦力を擁しながらも苦しい戦いを続けるチームは最終的に2015シーズンと同じ4位でシーズンを終えると、昨シーズン敗退したJ1昇格プレーオフ決勝でファジアーノ岡山に勝利しJ1昇格を達成する。

おすすめの記事