「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ムードメーカーとしてではない、ハリルホジッチが認める槙野智章

2017 8/17 16:20Aki
japan soccer
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー以外でも注目を集めることが多い槙野選手

浦和レッズに所属し、日本代表にも定着している槙野智章選手は、サッカー番組だけでなくバラエティー番組にも出演することも多く、その明るいキャラクターは時にお調子者の様に見えるため、サッカー以外で話題になる事も多いサッカー選手でもある。
しかしその発言を見ていると、例えばテレビ番組で日本代表の同僚選手の事を語る時に、ほとんどの選手は代表のチームメイトで仲が良いからか「岡ちゃん」や「圭佑くん」、「真司」など普段から使っているニックネームで呼ぶことが多いのだが、槙野選手はニックネームを使わず「岡崎選手」「本田選手」「香川選手」と「◯◯選手」というサッカーにまだあまり馴染みのない視聴者のことも考えたきっちりとした呼び方を使用するなど、決して単なるお調子者ではない、クレバーな姿もうかがえる。
とはいえ、本来の性格が目立ちたがり屋である事は確か。
その為、まだ中学生だったサンフレッチェ広島ジュニアユース時代にディフェンダーにコンバートされてから一貫してディフェンスの選手であるにもかかわらず、攻撃的なプレーで注目を集めることが多い選手だった。

攻撃的なプレーで注目を集めることに

サッカーは守備の選手と攻撃の選手ではゴールという結果がハッキリ現れる分、どうしても攻撃の選手の方が注目度が高い。そんな状況に対して目立ちたがり屋の槙野選手が何もしないはずもなく、ディフェンダーでありながら攻撃参加を見せる事に。
もちろんそれはチームとして認められたものだが、試合中にディフェンスの選手にとって最大の得点チャンスであるセットプレーの場面だけではなく、流れの中で前線に上がり、時にはドリブル突破からのシュートを見えるなど、攻撃的なプレーで注目を集めるようになる。
それに拍車がかかったのが、サンフレッチェ広島に現浦和レッズ監督のミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任したこと。ペトロヴィッチ監督の戦術では3バックのストッパーとしてプレーする選手には攻撃的なプレーも求められ、それが槙野選手の個性にもフィット。自分のことをディフェンシブフォワード(DFW)と称し「世界のDFで3本の指に入るくらいシュート練習をしている」とうそぶく事もあった。
そして、ペトロヴィッチ監督率いるサンフレッチェ広島は、槙野選手らディフェンダーまでもが攻撃に参加するという攻撃的な戦術で強くなっていった事もあり、自身も日本代表に選出。さらにJリーグベストイレブンにも選ばれ、ドイツ・ブンデスリーガの1FCケルンに移籍するなど、ディフェンダーながら攻撃的なプレーができる選手として広く名前が知られる様になる。
またメディアにも注目されるようになったのもこの頃で、サンフレッチェ広島が行っていたユニークなゴールパフォーマンスがきっかけだった。

おすすめの記事