「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界のトレンドに最も近いゴールキーパー 西川周作

2017 8/17 16:20Aki
nishikawa
このエントリーをはてなブックマークに追加

直接フリーキックを決めるゴールキーパー

大分県宇佐市に生まれた西川周作選手は、フィールドプレーヤーとしてサッカーをはじめるが小学4年生の時にゴールキーパーにコンバート。しかし中学生時代までの西川選手は、当時メキシコ代表の正ゴールキーパーとして活躍していたホルヘ・カンポス氏の様に、試合や時間帯によってはフィールドプレーヤーとしてもプレーするという、今で言うところの“二刀流”の選手だった。
中学時代のプレーで真剣にプロ入りを考えるようになった西川選手は、高校入学から大分トリニータの下部組織に加入。プロフェッショナルなゴールキーパーコーチによる本格的な指導を受ける事になる。
当時から西川選手が武器としていたのは、恵まれた身体能力と反射神経によるセーブだけではなく、中学時代までフィールドプレーヤーとしてプレーしていたキックの技術。
高校2年次のクラブユース選手権、アビスパ福岡U-18戦ではゴールキーパーでありながらも直接フリーキックを決めるという偉業を達成。Jリーグファンの間では大きな話題となる。

サンフレッチェ広島で本当の意味で足下のプレーを身につける

高校卒業後は大分トリニータのトップチームに昇格。昇格1年目に出場したワールドユースから帰国すると、経験あるベテラン選手からポジションを奪い取り高卒新人ながらリーグ戦21試合に出場。2年目からは背番号1を背負いチームの正ゴールキーパーとなる。
そして2010年にはサンフレッチェ広島に移籍。そこで監督を務めていたのは現浦和レッズの監督でもあるミハイロ・ペトロヴィッチ氏だった。
ペトロビッチ監督のサッカー自陣からでも徹底的にボールを繋ぐことを求めるサッカー。それにはゴールキーパーであってもフィールドプレーヤー同様にパスを繋ぐことが必要になる。ペトロヴィッチ監督はその為正確なキックの技術を持つ西川選手を必要としたのだ。
しかし、サンフレッチェ広島加入直後の西川選手は、当時からゴールキーパーとしてはずば抜けたキックの技術を持っていたものの、本当の意味でボールを繋ぐ事ができるゴールキーパーではなかった。
このペトロヴィッチ監督の下でボールを繋ぐ事を求められた西川選手は、持ち前の強い向上心でこのプレーをものにし、本当の意味でボールを繋ぐ事ができるゴールキーパーとなる。

おすすめの記事