「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヨーロッパ基準を持つ唯一無二の存在、川島永嗣に迫る

2017 8/17 16:20Aki
kawashima
このエントリーをはてなブックマークに追加

元なでしこジャパン監督、佐々木則夫氏が見出した選手

2001年、当時大宮アルディージャの強化部長を務めており、後になでしこジャパンの監督としてFIFAバロンドール女子最優秀監督賞も獲得する佐々木則夫氏は1人の高卒新人ゴールキーパーを獲得する。
その選手の名前は川島永嗣。地元埼玉県の浦和東高等学校に通っていた川島選手は周囲が大学進学を勧める中でプロ入りを決意。浦和レッズからはオファーを掴む事ができなかったが、佐々木則夫氏の目に止まり大宮アルディージャに加入する。
1年目は公式戦の出場はなし。プロの壁にぶつかっていた川島選手にチームは当時セリエAに所属していたイタリアのパルマへ留学をさせる。パルマには当時中田英寿氏をはじめブッフォン選手、 カンナヴァーロ氏、アドリアーノ氏などトップレベルの選手も所属していたチーム。
18歳の川島選手はそのパルマでユースチームに所属し、時折トップチームの練習にも参加するという立場だった。

川島選手の基盤となったイタリア留学

パルマのユースチームに留学した川島選手は、そこで初めて世界のトップレベルの練習を目の当たりにし、そしてその指導を受ける事になる。
日本人選手とヨーロッパ主要国との選手の差が最も大きいと言われているポジションがゴールキーパー。
18歳のゴールキーパー川島選手にとってイタリアでの経験はかなり大きいものだった。
イタリアのゴールキーパートレーニングは、例えばどういった動きをするか、その中でどういう技術をつかうのか、そのためにどうった身体の動かし方をするのかというところまで突き詰めるように日本に比べかなり細かい。ハイボールに関しても待つのではなくボールに向かっていく。
ここで受けたトレーニングはフィジカル、テクニック、戦術の全てが詰め込まれており、後に本人が「今の自分があるのは18歳の時にフルゴーニ(当時のコーチ)に出会うことができたから。あの時イタリアに行ってなかったら、僕は今頃プロですらなかったと思う」と語る様に、この時の経験が川島選手の基盤となる。

おすすめの記事