「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

努力の似合う男!中村憲剛の並々ならぬ努力とは!

2017 8/17 16:20ユタロー
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎フロンターレでの古株

中村憲剛選手は、現在36歳の選手だ。2003年にプロ入りしてからずっと川崎フロンターレに所属しており、今年で13年目を迎えた。
試合出場回数は400試合を越えて、得点数も60点に達しようとしている。長期間、川崎フロンターレでのボランチやミッドフィルダーの要としてチームを支えてきた。年齢も36歳を超えて、川崎フロンターレの中でも、すでにベテランの域に達している。
2016年のシーズンは、中盤に怪我を負ってしまいながらも、見事に復帰し、活躍を果たしていた。10月も全治3週間のけがと診断されてしまい、川崎フロンターレの初タイトル獲得へ向けて厳しい状況であるという事には変わりないといえるだろう。ベテランながらも、レギュラー出場している選手というのは、ピッチ上にいるだけでも味方選手の士気があがり、安心感を得ることができるといわれている。
そんな中村憲剛選手は、日本代表として活躍していたこともあった。2006年からオシムジャパンのA代表入りを果たし、2013までの7年間ミッドフィルダーとして活躍してきた。68試合出場しており、記憶に残っている人も多いのではないだろうか?

非常に小柄な選手だった

川崎フロンターレでの、輝かしい活躍、そして日本代表のA代表入り数々の素晴らしい記録を持っている中村憲剛選手は、決して順風満帆な日々ではなかった。古くからの川崎フロンターレや日本代表のファンであれば知っている人もいるかもしれないが、数々の苦労と努力の末に才能を見出した遅咲きの選手としても知られている。
中村憲剛選手は、小学生の時にはフィジカルに非常に何点のある選手だった。小学校6年生の時点で、身長はわずか136cmとかなり小柄なサッカー選手であり、集会などではいつも先頭に立っていたと語られている。
もちろん、小柄だからといってサッカーにおいて完全に不利になることはない。小柄ながらも何か突出したものを持っていれば、また違ったのかもしれないが、足も速くないという弱点も持っており、サッカーが好きだけれども実力はかなり低い選手というレッテルを張られてしまっていた。
現在でこそ、中村憲剛選手は身長が175cmと日本人の平均身長を越しており、体重も66kgとサッカー選手として特別フィジカルに難点があるように見えないので知らない人にとっては驚きの過去かもしれない。

おすすめの記事