「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボールを届ける事だけが目的ではない遠藤保仁のパス

2017 8/17 16:20Aki
soccer endo
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表歴代最多の152キャップ

10年以上に渡り日本代表の中心選手としてプレーしてきた遠藤保仁選手。
152キャップはもちろん日本代表歴代最多。歴代2位の井原正巳氏よりも30試合も多い数字だ。
そんな遠藤選手が日本代表に選出されたのは2002年。同世代の小野伸二選手や高原直泰選手らに比べるとかなり遅く、シドニーオリンピックでも予選ではプレーしていたが本戦では予備登録選手としてスタンドで見守る立場に。またフル代表に選出されるようになってからも海外組のバックアッパーに過ぎず2006年のドイツワールドカップでもフィールドプレーヤーとしては唯一の出場なし。本格的に日本代表の中心選手となったのはドイツワールドカップ以降と決して若くから日本代表でプレーしてきた訳ではなかった。
しかしそれ以降はしっかりとポジションを掴み、遠藤選手がいるといないとではチームが全く変わってしまうほどの影響力を持つ選手に。同世代の選手の中で最も長く日本代表で活躍した選手となる。
そんな遠藤選手はどこが優れていたのか。遠藤選手のプレーについてまとめる。

伝わりにくい遠藤選手のプレースタイル

遠藤選手のポジションはミッドフィールダー。攻撃的なポジションに入ることも守備的なポジションに入る事もあるが、日本代表では主に守備的な位置でプレーしていた。
遠藤がプレーしているミッドフィールダーの中でも、例えば攻撃的なプレーに特徴がある選手であればドリブラーやセカンドストライカー、パサー、など様々なプレースタイルがあるが、その中でも遠藤選手が得意としているのはパス。しかし中村俊輔選手や中村憲剛選手の様にスルーパスをどんどん狙う様なプレーを選択する事は少なく、実際にガンバ大阪でも2013年、2014年を除くとアシスト数も実はそんなに多い選手ではない。
そして守備的なプレーに特徴がある訳でもない。ボールを奪う能力であれば細貝萌選手や山口蛍選手の方がずっと上だ。
遠藤選手の能力が発揮されていたのはそのどちらでも無い部分。
そんなプレースタイルを本人も「自分はわかりにくい選手」だと称していた。

おすすめの記事