「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

闘将の存在感!2016シーズンの田中マルクス闘莉王を振り返る

2017 8/17 16:20芝田カズヤ
サッカー ヘディング
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の田中マルクス闘莉王

2016年1月、Jリーグから驚きのニュースが飛び込んできた。これまで日本代表として、またJリーグの広島、水戸、浦和、名古屋で中心選手としてその闘争心とディフェンダーながら得点を量産する攻撃力で活躍してきた田中マルクス闘莉王選手がJ1名古屋グランパスを退団するというものだ。
それまで6年間名古屋に在籍し、移籍1年目の2010年にはチームのJリーグ初制覇に貢献したチームの支柱と言える選手だった。そんな闘莉王選手は、2015年シーズン終了後に契約満了となる。チームは新たな契約を提示したものの年俸の大幅ダウンなどから事実上の戦力外であることがわかり、最終的にチームを去る決断をした。
別のチームからのオファーはあったが、契約には至らず闘莉王選手はブラジルへ帰国することを選んだ。しかし、それは現役を引退するというわけではなく、サッカー選手を続ける道を探しての帰国だった。しかもブラジルへの帰国は修行だと語り、再び日本でプレーすることを目指してのものだった。
そんな状況を経て後に、同年再び日本に戻ってくることになる闘莉王選手だが、そんな事態をそして名古屋グランパスの2016年シーズンを誰が予想できただろうか?

名古屋のチーム状況

闘莉王選手が退団した時の名古屋のチーム状況は大改革を図ろうとしている時期だった。チームは名古屋OBの小倉隆史氏を新たな監督にし、選手の大幅な入れ替えを行うことで、2016年のシーズンで優勝するために大きな変化を起こそうとしていたのだ。 1章で少し触れたが、闘莉王選手は年俸1億円ダウンでの新たな契約を提示されたと言われている。スター選手である闘莉王選手の高額な年俸はチームにとってネックだったのかもしれない。また、当時のJリーグはリーグ全体での収入が減っている時期で入場者数も少なく、各チームとしても人件費の削減などコストカットを行う必要があったのかもしれない。さらに闘莉王選手自身も怪我がふえるなどしていた状況もある。こういったこともあって改革を行う名古屋にとって事実上の戦力外となってしまった。

おすすめの記事