「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アビスパ福岡の歴代監督がチームに残したモノ

2016 7/31 09:20
アビスパ福岡
このエントリーをはてなブックマークに追加

アビスパ福岡はどんなチームで、どのように成長してきたか。今回は、アビスパのクラブ史とともにチームの運営を担った監督について紹介する。

アビスパ福岡の前身は静岡のサッカークラブ

アビスパ福岡は、静岡県藤枝市にあった中央防犯サッカー部が前進で、1995年に福岡県にホームタウンを移し改名した。
同年には監督としてアルゼンチンW杯にも出場し優勝に貢献したホルヘ・マリオ・オルギン氏が招へい、ディエゴ・マラドーナの実弟にあたるウード・マラドーナなど実績のあるアルゼンチン選手を迎え入れ、24勝6敗の好成績で優勝した。その後、オルギン監督は契約が更新されず退団した。
Jリーグ参入元年となった96年シーズンから指揮をとったのは、横浜Mで監督経験のある清水秀彦氏だった。選手は元日本代表のDF津波敏史選手が入団するなど話題を集めたが、16チーム中15位。97年は17位で、98年も18位と2年連続で年間最下位と戦績は振るわなかった。

フィジカルに重きを置いたピッコリ監督の下でJ1へ

Jリーグ参入も5年目となった2000年には、かつて福岡に所属していたネストール・オマール・ピッコリ氏が就任した。
前年の99年を含めても最高位が14位と、チーム状態が上向かない現状から脱却するため、キャンプでは戦術よりもフィジカルに重きを置いた練習となり、選手個人のビルドアップに尽力。この結果、リーグ戦のセカンドステージでは6位という躍進を遂げて、得失点差も初めてプラスで終えることができた。
ピッコリ体制は翌年も続いたが、2年目は逆に思うような成果が出ず、チーム成績も下降線に。ファースト12位、セカンド15位の年間成績15位でJ2へと降格してしまった。

おすすめの記事