「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

復活を狙うガイナーレ鳥取 2016-2017を解説

2017 1/20 10:11
サッカー 緑
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.soccer-king.jp

降格チームとしては最長となる3シーズン目のJ3を戦ったガイナーレ鳥取。 2年ぶりとなるJ2ライセンスも取得して昇格に向けて取り組んだ2016年は、最終成績は15位と苦しいシーズンとなりました。 J2復帰に向けて戦うガイナーレ鳥取の今季を振り返ります。

山陰地方初のプロスポーツクラブとして誕生

鳥取県内の教職員のチームを母体に2007年にJリーグ準加盟クラブとなったガイナーレ鳥取。元日本代表の岡野雅行氏や小村徳男氏、さらには服部年宏氏などを獲得して2011年からJ2に参入。山陰地方初のプロサッカークラブかつプロスポーツクラブとなります。
J2に加入後は、元コスタリカ代表選手の獲得やレンタル移籍で数多くの選手を獲得し、何とか戦力向上に努めたものの、2013年に翌年から始まるJ3に向けて行われたJ2・JFL入れ替え戦でカマタマーレ讃岐に敗れてJ3降格。
J3初年度となる2014年は、元ガンバ大阪監督の松波正信氏を監督に招聘するも4位。2015年は財政問題によりJ2ライセンスの取得を見送ることになり、6位でシーズンを終え、大卒2年目で主力選手となった馬渡和彰選手は金沢に、チーム得点王の中山仁斗選手は山口へとJ2クラブへ移籍。 迎えた2016年は財政問題も改善させ、J2復帰に向けて大きく進もうとしたシーズンでした。

元日本代表の闘将 柱谷哲二氏を招聘

復活を狙う2016年、監督に招聘したのは元日本代表キャプテンであり、コンサドーレ札幌や東京ヴェルディ、水戸ホーリーホックで監督の経験もある柱谷哲二氏でした。クラブの歴史上最も経験豊富な監督です。
さらに戦力としても、かつて天才と期待された前田俊介選手や川崎フロンターレで活躍した黒津勝選手らの経験ある実力者を獲得。チームのエースとして10番を背負う、かつてガンバ大阪や清水エスパルスなどで活躍したフェルナンジーニョ選手らとのどのようなハーモニーを見せるかと、シーズン前には大きな期待を集めました。

おすすめの記事