「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪U-23の2016-2017を解説

2017 1/20 10:11
サッカー ピンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.soccer-king.jp

今シーズンからJ3に参加したセレッソ大阪U-23。 3チームある23歳以下のセカンドチームの中でも最も早くから準備していたセレッソ大阪U-23の今シーズンを振り返り、また来シーズンの展望をご紹介します。

2015年から動き出したセレッソ大阪U-23プロジェクト

2014年から始まったJリーグにおける3つめのカテゴリとなるJ3リーグ。ここにヨーロッパなどで見られるチームの若手選手によるセカンドチームを参加させようとする動きが最初に報じられたのは2014シーズンの途中でした。
具体的にJリーグの理事会で決定したのは2015年9月でしたが、セレッソ大阪はこの動きを見据え、2015年シーズンには前年に高円宮杯U-18を優勝した下部組織から5名もの選手をトップチームに昇格。さらに他ユースチームからも2名を加入させるという、異例の7名もの高卒選手を獲得します。
彼ら7名はこのシーズントップチームの公式戦に出場することはほとんどありませんでしたが、積極的に対外チームとの練習試合を行うなど、下準備を行っていました。

セレッソ大阪U-18で高円宮杯に優勝した大熊裕司監督が就任

2016年からJ3リーグに参加が決定したセレッソ大阪に所属する23歳以下の選手を中心としたセレッソ大阪U-23。監督には、2014年にクラブユースチーム・高校チームも含めた高校年代のチャンピオンを決める高円宮杯U-18チャンピオンシップを優勝したセレッソU-18監督の大熊裕司氏が就任。
トップチームにおける23歳以下の選手の約70%がセレッソ大阪の下部組織、セレッソ大阪U-18出身選手ということもあり、ほとんどの選手が大熊裕司監督の下でプロ入りまで成長を続けた選手たち。大熊裕司氏をセレッソ大阪U-23の監督に就任させることで、継続した強化が行える体制を整えます。

おすすめの記事