「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

攻め抜くサッカーを見せた藤枝MYFCの2016-2017を解説

2017 1/20 10:11
サッカー 観客 紫
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.soccer-king.jp

静岡県藤枝市を本拠地とし、伝統の藤色のユニフォームを身にまとって戦う藤枝MYFC。2016年は過去最高の7位でフィニッシュするという手応えを感じさせるシーズンでした。 そんな藤枝MYFCの今季を振り返り、来季を展望します。

サッカーの本場静岡県藤枝市で伝統の藤色背負うチーム

藤枝MYFCが誕生したのは2009年。前身の藤枝ネルソンCFからチーム名を変更し設立されました。 元ガンバ大阪監督の釜本邦茂氏をアドバイザー的な立場で招聘。元日本代表で清水エスパルスでプレーした斉藤俊秀氏がヘッドコーチ兼選手として指揮する形で藤枝MYFCの歴史が始まります。
そして当時話題となったのは、まるでゲームのような「ネットオーナーによる議論・投票により運営・強化方針などを決める」というネットオーナーシステム。ネットオーナーの投票によりチーム名、ユニフォーム、フラッグなどが決められ、サッカー王国静岡の中でも最も歴史がある藤枝市で、伝統の藤色を背負って戦うチームとなりました。 そしてJ3リーグが立ち上げられた2014年にJ3発足12チームの1つとして、最初のシーズンからJ3リーグで戦うことになりました。

ホームで結果を残し初のシーズン勝ち越し

藤枝MYFCは2016年の開幕前に18名もの選手が退団。その中にはエースの大石治寿選手も含まれ、前年にプレーした選手で残ったのは9名のみで厳しい状況になるかと思われました。 しかし、越智亮介選手、枝本雄一郎選手、福王忠世選手の主力3人の残留には成功。さらにJ2での経験もある選手や、J3で活躍していた選手の獲得に成功すると、今季を7位で終え、目標だったクラブ史上初となるトップハーフ以上も達成する躍進のシーズンとなります。
特に強さを見せたのはホームゲーム。パスをつないで攻め抜くサッカーにこだわり、ホームゲームで11勝1分3敗という好成績を挙げることに成功しました。

おすすめの記事