「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三浦泰年率いるカターレ富山の2016-2017シーズン解説

2017 1/20 10:11
サッカー 青
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.soccer-king.jp

あの三浦知良選手の兄である三浦泰年氏が監督を務めていることでも知られるカターレ富山。 J2復帰に向けて奮闘するカターレ富山について、2016シーズンを中心にこれまでとこれからを解説します。

カターレ富山とは?

カターレ富山は富山県全県をホームタウンとするサッカーチームです。 2007年にJFLの北陸電力のサッカー部「アローズ北陸」と「YKK APサッカー部」が統合して創設されました。2009年にJリーグに加盟し、2016年現在はJ3リーグに所属しています。 ホームスタジアムは富山市内の富山県総合運動公園陸上競技場で、練習場は北陸電力総合運動公園。チームカラーは青です。
チーム名は、イタリア語で「語れ」「歌え」を意味する「カンターレ」と富山の方言で「勝て」を意味する「勝たれ」を掛け合わせたもの。頂点を目指してサポーターと肩を組んで共に行こうという意味も込められています。

カターレ富山のこれまでの成績

2008年のJFLで最終順位3位という成績を残し、翌年よりJ2に昇格。北陸三県では初のJリーグクラブとなりました。J2の1年目には東京ヴェルディやセレッソ大阪などJリーグのトップチームに勝利するなど勢いのあったカターレ富山。しかし、その後は他チームからの補強と積極的な若手起用を試みたものの低迷。
明確なチーム目標を定めたり、フォーメーションを工夫して戦術面も改善するなど努力がみられた一方で、相次ぐ負傷者やメンバーの入れ替わりなども激しく、2012年からはJ2残留争いを続けることに。2014年にはJ2最下位となり、2015年よりJ3で戦うことになりました。

おすすめの記事