「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

来シーズンは?2016-2017 年のY.S.C.C.横浜を解説

2017 1/20 10:11
サッカー 水色
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典https://www.soccer-king.jp

2016年のJリーグは、J1が鹿島アントラーズ、J2が北海道コンサドーレ札幌、J3が大分トリニータの優勝で幕を閉じましたが、早くも来シーズンが楽しみだという人もいるかと思います。 今回は数あるJ3のチームから、Y.S.C.C.横浜に焦点を当てて来シーズンのチームについて予想したいと思います。

Y.S.C.C.横浜ってどんなチーム?

今回解説するY.S.C.C.横浜は、正式名称は横浜スポーツ&カルチャークラブという名前で、各語の頭文字をとってY.S.C.Cという呼称になっています。サッカークラブではありますが、その他にもバドミントンやヨガ、バスケットボールのサークル活動を行うなど、Jリーグのクラブでは珍しい総合型地域スポーツクラブとしての側面も有しています。
チームの歴史は1986年にまで遡ります。リーグへの参加は1988年に神奈川県社会人サッカーリーグ3部(J1から数えて9部相当)からスタートし、毎年昇格を続け1990年には神奈川県1部リーグに昇格します。しかし、その上の地域リーグである関東リーグへの昇格は少し時間がかかり、2003年に初昇格、2005年に関東1部に昇格すると、その後1部リーグに所属した7年間で4度の優勝を果たすなど、その強さを見せつけます。
2012年からアマチュアの最高峰リーグであるJFL(日本フットボールリーグ)へ参戦、2013年にJ3の創設が決まると参入を表明し、2014年からのJ3参入が決定します。 2014年から舞台をJリーグに移し、2016年のシーズンが終了した現在まで3シーズンを戦いました。

Y.S.C.C.横浜のJリーグでの成績

Y.S.C.C.横浜は、先述の通りこれまで3シーズンをJリーグで戦ってきました。残念ながら、これまでの3シーズンはいずれも最下位となっています。Jリーグ1年目となった2014年は4勝12分17敗、続く2015年は7勝6分23敗、そして2016年は5勝5分20敗と、各シーズン共に大きく負け越しています。また、Jリーグ参戦以降はリーグ戦での連勝がないなど、苦しい戦いを強いられています。
2016年に焦点を当ててみても、30試合で得点が15点、失点が51点で、1試合平均0.5得点、失点1.7得点と、数字からも得点力不足と失点の多さがわかります。特に得点に関してはY.S.C.C.横浜の次に得点が少ないSC相模原が29点で、倍近くの差があり、優勝した大分トリニータが50点と3倍以上の差があります。 攻守共に2017シーズンでどのように改善するのかが課題に挙げられています。

おすすめの記事