「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

期待の若手が集う!FC東京U-23の2016-2017シーズン解説

2017 1/20 10:11
サッカー 若手
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.soccer-king.jp

2016シーズンよりU-23チームが参加可能となったJ3リーグ。特に、15歳でJリーグ最年少出場記録を更新した久保建英選手は大きな話題となりました。そこで今回は、久保選手も所属するFC東京U-23のJリーグ1年目を振り返ります。

FC東京U-23とは?

FC東京U-23とは、J1リーグのクラブ・FC東京に所属する23歳以下の選手で構成されているサッカーチームです。2016シーズンよりJリーグ理事会によってJ1・J2クラブの「U-23チーム」がJ3に参加することが決定したため、FC東京とは別にJ3リーグに参加しています。
チームカラーはトップと同じ青と赤ですが、ユニフォームは縦ラインから横ラインのものを使用。ホームスタジアムもトップとは別に味の素フィールド西が丘などを使用しています。

FC東京U-23の特徴

23歳以下の選手の育成を強化することで、ユースからトップまでFC東京全体の底上げを目指しているのが、FC東京U-23の方針。ユースに所属している選手を昇格させることで年齢が低くても実力で起用するほか、トップと合同練習をすることでお互いに刺激を与え合い、個々の選手のスキルの向上と選手層を厚くする狙いがあります。
特にFC東京では選手数が足りないため、トップやU-18の選手たちが試合に出場することが多く見られます。U-18のDF岡崎慎選手はU-23のスタメンに定着していて、第8節のY.S.C.C.横浜戦ではトップのスタメンクラスの選手に加えてベンチメンバー全員がU-18の選手という試合になるなど、J3リーグを戦う他のトップチームにはない特徴があります。

おすすめの記事