「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J3強豪・AC長野パルセイロの2016-2017シーズン解説

2017 1/20 10:11
サッカー オレンジ
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://www.soccer-king.jp

地域密着で長野県をホームとするAC長野パルセイロ。 1990年創設と歴史は浅いですが、J3リーグで上位をキープし続けています。 今回はそんなAC長野パルセイロについて解説していきます。

AC長野パルセイロとは?

AC長野パルセイロは、1990年に創設された長野エルザサッカークラブを前身とするサッカーチームです。
現在のチーム名は2007年に一般公募で選ばれたもの。Athletic Clubの略であるACと、ポルトガル語で「パートナー」を表すパルセイロが掛け合わされたものです。これには地元密着で地域社会とパートナーを目指すという意味も込められています。
チームカラーは長野県の旗の色でもあるオレンジ。長野県国体選抜チームのユニフォームカラーもオレンジが基調とされていて、地域密着という理念が伝わります。
ホームスタジアムは南長野運動公園総合球技場(長野Uスタジアム)、練習場は千曲市内の施設が使用されています。 ホームタウンは当初、長野市1市であったものの、2016年に佐久市も追加されるなど、現在まで長野県北信地方を中心に16市町村となっています。

これまでの成績を振り返る

前身の長野エルザサッカークラブは、長野県立長野南高校サッカー部のOBを中心に結成されたチームです。設立当初は、長野県リーグを勝ち抜き北信越フットボールリーグに参加していました。2005年にはイラン代表元監督のヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラが監督に就任し、チームの育成システム、施設などが整えられ、現在のチーム名に。2011年にはJFLに昇格します。
JFLでは、1年目ながらもリーグ最少失点(27失点)、13試合連続無敗などの記録を残し、2位という結果。しかし、ホームスタジアムがリーグ規格に満たないためにJ2昇格ならず。翌年にはJFL優勝を果たし、天皇杯では4回戦進出とアマチュアチーム最高の成績を収めています。 2014年からはJ3リーグに参加。リーグ2位の成績で、念願のJ2昇格を目指しましたが、入れ替え戦で敗退。2015年はリーグ3位とあと一歩届きませんでした。

おすすめの記事