「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

苦いシーズンになった栃木SCの2016-2017を解説

2017 1/20 10:11
サッカー 黄 青
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.soccer-king.jp/

2015シーズンにJ2最下位とJ3降格を味わった栃木SC。 2016シーズンはリーグ2位となりながらも、あと一歩のところでJ2復帰を逃す苦いシーズンとなりました。 今回はそんな栃木SCについて、2016シーズンの振り返りを中心に、チーム情報をお伝えします。

栃木SCとは?

栃木県宇都宮市をホームタウンとしている栃木SC(栃木サッカークラブ)。元々は1953年に創設された栃木教員サッカークラブが前身です。その後、1994年に現在のチーム名になりクラブチーム化。2000年にJFLに昇格し、2009年にJリーグに加入しました。2016年現在、J3リーグに所属しています。
ホームスタジアムは宇都宮市内にある栃木県グリーンスタジアム。練習場は河内総合運動公園です。黄色のシャツ、青のパンツのユニフォームが特徴的です。

栃木SCのこれまで

アマチュアながらもクラブチーム化した栃木SC。JFL加入前には関東サッカーリーグ優勝や全国地域サッカーリーグ準優勝などの成績を誇ります。JFL時代の2006年には天皇杯でJ2の東京ヴェルディに勝利。教員のサッカークラブがプロチームを倒したことで有名となりました。2007年には全選手とプロ契約、2008年のJFL2位をもって翌年よりJ2に昇格しました。
その後はサンフレッチェ広島やヴィッセル神戸でプレーし、アビスパ福岡などで監督を務めた松田浩監督の下、J1昇格を目標に。しかし、2013シーズンを契機に松田監督が退任、チームの主力選手であったサビア選手らの退団にチームの経営問題が重なる事態に。これまでJリーグのトップチームや海外リーグからの補強を繰り返してきましたが、念願のJ1昇格は果たせず、2015シーズンにはJ2最下位に終わり、J3降格が決定してしまいました。

おすすめの記事