「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リーグ4位!ブラウブリッツ秋田の2016-2017シーズンを解説

2017 1/20 10:11
サッカー 青
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/

秋田県のクラブチームであるブラウブリッツ秋田。 ここまでリーグ下位に定着していましたが、2016シーズンは4位という好成績。 そこで今回は、ブラウブリッツ秋田のここまでのチーム変遷と、2016シーズンが好調だった要因などを解説します。

ブラウブリッツ秋田とは?

ブラウブリッツ秋田は秋田県全県をホームとしているサッカーチームです。 前身は、1965年に創設されたTDKのサッカー部。1982年に東北社会人リーグに加盟、2006年にJFLに昇格しました。2010年より北東北初のJリーグチームとして、現在のチーム名になりました。2013年からはJリーグ準加盟クラブ、2014年からJ3リーグに所属しています。
メインスタジアムは、秋田市八橋運動公園内のあきぎんスタジアム。2007年の秋田わか杉国体ではサッカー会場として使用されました。 チーム名の由来は、ドイツ語で「青」を意味する「ブラウ」と「稲妻」を意味する「ブリッツ」を合わせたもの。一般公募でにかほ市の女性が命名したものです。チーム名にあるようにチームカラーは青・エンブレムは青を基調とし、稲妻に加えてなまはげが使用されているのが特徴です。

ブラウブリッツ秋田のこれまでの成績

2010年からJFLに昇格したブラウブリッツ秋田。ジェフユナイテッド市原や横浜FCで活躍した横山博敏監督の下でチームが始動。その後、期待の大卒選手や他チームからの補強を試みるも、満足のいく結果にはならず。
大宮アルディージャでユースの指導をしていた横山雄次監督、就任1年目で2冠を果たした読売サッカークラブなど経験豊富な与那城ジョージ監督らを迎えるも、リーグ順位は8位から14位とふるわず。2014年からのJ3リーグでも12チーム中8位と満足のいく成績を挙げられずにいます。また、天皇杯でも毎年2回戦敗退という結果に終わっています。

おすすめの記事