「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

グルージャ盛岡の魅力に迫る!2016-2017の動向を解説

2017 1/20 10:11
soccer
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/

岩手県盛岡市を拠点に活動するサッカークラブ『グルージャ盛岡』について徹底解説!2016年シーズンの成績は?来年へ向けた今後のチーム展望は?2016-2017年を中心にチームデータを分析して行きましょう。

STEP 01.『グルージャ盛岡』を知ろう!

『グルージャ盛岡』とは、岩手県盛岡市をホームタウンとして活動しているサッカークラブです。 クラブ名の"グルージャ"はスペイン語で『鶴』を意味する言葉。その由来は、盛岡藩主南部家の家紋『向かい鶴』から来ています。
"鶴"のモチーフはチームカラーやユニフォームに使用されている『ホワイト』にも反映されています。強く天に羽ばたく白い鶴と、北国の真白く厳しい冬をたくましく乗り越える岩手県民のスピリットをイメージしているのだそうです。

STEP 02.『グルージャ盛岡』の歴史を追ってみよう

グルージャ盛岡の誕生は2003年まで遡ります。Jリーグ加盟を目標に立ち上げられたNPO法人『J-リーグチームを盛岡に作る会』と、東北社会人サッカーリーグに所属していたヴィラノーバ盛岡が基盤となり発足しました。
チーム発足後はかつてヴィラノーバ盛岡が参加していた東北社会人サッカーリーグで実績を積み、2013年についにJリーグ準参加申請が承認。念願のJリーグ参加を果たした現在はJ3を舞台に戦いを続けています。

STEP 03.『グルージャ盛岡』のチーム状況とは?

東北社会人サッカーリーグでは1部2部合わせて7度の優勝を経験しているグルージャ盛岡ですが、Jリーグへの参加が認められて以降は成績は失速気味。参加初年度の2014年こそ5位へ入ったものの、それ以降は10位以下という無念の結果に終わっています。全国的にメジャーな選手が在籍しているということもなく、チームプレイで地道にJリーグの階段を上り続けているグルージャ盛岡。盛岡市民の夢が詰まったチームです。

STEP 04.『グルージャ盛岡』の2016年シーズン

2016年シーズンのグルージャ盛岡の成績は16チーム中13位。この年から就任した神川明彦監督は、明治大学時代に日本代表の長友佑都選手を育てた実績をもつ人物です。大きな期待がかかったものの、終わってみれば2015年同様10位以下という悔しいシーズンとなりました。
そんな中、Jリーグ参加時から1回戦敗退を続けていた天皇杯では初めて3回戦まで進むなど明るい兆しも見られました。一部サッカーファンからは「面白いサッカーをする」とも囁かれるほど、来季に向けての爪痕は残せたのかもしれません。

STEP 05.『グルージャ盛岡』の2017年シーズンはどうなる?

グルージャ盛岡の2017年シーズンの目標は、やはりJ2昇格しかないでしょう。2016年のリーグ順位は下位に低迷したものの、天皇杯で番狂わせを見せるほどのサッカーも見せています。かつて社会人リーグでは何度も優勝を経験したチームですから、もともと持っている能力は間違いなくあるはず。何よりも2016年に就任した神川監督の蒔いた種が、終盤に来て蕾になり始めた結果なのかもしれません。2017年には大輪の花が咲くか…。期待の膨らむシーズンとなりそうです。

まとめ

2016年シーズンも終わり、また北国に厳しい冬が訪れます。真っ白な季節をたくましく生き抜き、J1という天まで羽ばたく"グルージャ"になれるのか…。2017年、そしてその先の年へ向けたグルージャ盛岡の戦いが、またここから始まります。

関連記事

おすすめの記事