「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本サッカー界の偉人5人

2016 7/23 23:12
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーファンの皆様へ。
今では海外でも日本人選手が活躍していますね。
長友や、本田など数々の選手が素晴らしいプレーを魅せてくれます。
今回はサッカー界を支えてきた偉人5人をご紹介させてください。

日本が生んだ最大のストライカー釜本邦茂

日本のサッカープレイヤーが最近海外で多く活躍するようになり、テレビ、新聞のマスコミで連日のごとく情報を提供してくれるようになりました。日本のサッカー界の進歩は、目をみはるばかりです。
その中でも、釜本早邦茂は稲田大学からヤンマーに入社し、学生のエースから、日本代表のエースに成長、三菱重工の杉山と共に、日本を代表するストライカーとなりました。そして彼の凄さを決定づけたのが、メキシコオリンピックでした。この大会で、日本チームは3位決定戦で、メキシコ相手に釜本の2得点で、2-0で勝ち、銅メダルを獲得、釜本は、通算7ゴールをマークし、得点王に輝きました。この快挙で、日本の空前のサッカーブームを巻き起こしました。

日本初のプロサッカー選手、奥寺康彦

日本の古川電工で社会人サッカーとして活躍していた奥寺は、日本人として初めて、プロサッカーとして登録されました。
奥寺の実力は折り紙付きで、当時世界最高とされていたブーデスリーがに所属し、約10年プレー、その試合の多くはトップ争いするなど、実力は世界有数であったと言われています。奥寺のスピードサッカーは海外でも定評があり、それに加えて、キック力、など身体能力は抜群でした。

おすすめの記事